スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ座の怪人

劇団四季のミュージカルで有名な「オペラ座の怪人」です。
製作にミュージカル版の作者アンドリュー・ロイド、ウェーバーが関わっているということで、コンセプトとしては舞台を見にこれない人にも「~怪人」を見てもらおう、と作られた映画のようです。それだけにミュージカル+アルファといった感じで、話の筋から演出の結構細かいところまで驚くほど舞台のままです。
 お話はオペラ座に住む怪人、若き歌姫クリスティーヌ、その幼馴染の子爵ラウルとの三角関係、それに絡んで怪人が次々と事件を起こしていくというもの。
劇団四季の舞台も2回見に行ったし、CDも持ってるんでストーリーどころか歌の歌詞までほぼ暗記状態で見ました。
 それでも、冒頭でオークション会場の廃墟となったオペラ座の中を修復されたシャンデリアがオペラ座に色と光を取り戻させながら天井へと登っていくシーンは、見ていて鳥肌が立ちました。映画ならではの演出で、ぞくぞくしました。
ラウルの活躍シーンが格段に増えていたのも映画ならでは。でも、それでもやはり全部持って行ってしまいますねぇ、怪人は。

もとの舞台でも怪人の存在感は圧倒的なんだけれども、映画では本当に格好いいんです。舞台での印象よりも若いし。「醜く生まれた…」とか「この顔が…」とか言ってますが、その右半分だけでも何の不満が?というほど格好いい。(ちょっと言い過ぎました。)セクシーにセクシーに、と怪人役の人は言われていたらしいけれど、確かにセクシーでした。

クリスティーヌも可愛らしくて、歌も上手。怪人に地下の住処に連れて行かれたときの恍惚として目をキラキラと輝かせていた様子の可愛らしさと言ったら。可愛らしいながら、歌に関しての貪欲さみたいな燃えたぎる情熱も秘めている感じがにじみ出ていて見事でした。舞台で見た時にはそんな歌手としての業みたいなものは感じられなかったんですが、映画のクリスティーヌにはファザコンだからというだけではなく、そんな業みたいな物も出ていて、その辺が怪人に惹かれてしまったところなんだろうと納得できました。
ラウルは優しくてハンサムでお金持ちで守ってくれてと、典型的な王子さま。なもんでアクの強い怪人にはちょっと負けてしまうんですよねぇ。仕方が無いところなんだけれど。でもそんな女の子の理想的みたいなライバルが登場したせいで、怪人も焦っていらんことをしてしまったんでしょうけど。

けれども、いくら怪人が全部持って行ってしまおうとも、個人的にはクリスティーヌそっくりの人形(蝋人形かな?)にウェディングドレスを着せていたところで、私はドン引きなんですよね。クリスティーヌは怪人の住処でそれを見つけて驚いて気絶しますが、私だったら飛び起きて泳いででも逃げますよ。いくら芸術的才能あふれた尊敬できる師匠であっても、ヤバすぎる!って。舞台で見たときもドン引きだったんだけれども、映画でもやっぱりドン引きでした。
あれがなければ、きっと最後に怪人を思って涙が流せると思うんだけど…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いまさらだけど

四季の舞台見た!
面白かったよ~(〃^ー^〃)
。。。映画も見てみたいわ♪

それは良かった。

映画も見てみて下さいな。
舞台と違って、結構オペラ座の外のシーンが増えていたりして新鮮ですよ。
怪人が…若いです(笑)

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。