スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャンダルを見たよ。

冬ソナのヨン様初主演映画、ということで熱烈なヨン様ファンの友達から勧められてたんで、レンタルしてみました。

見てみたらヨン様よりも共演の女優さんの方が印象に残りました。
ヨン様はといえば世捨て人な光源氏みたいな役どころ。
どういう制度なのかはよく分からなかったんだども、どうも中央政府の官職は返上して領主としてだけ暮らしているらしい。
そしてナンパ、いや幅広く女性とのご交友を広げる日々を過ごしているのですよ。
微笑み王子の微笑みも、この映画の中では非常にエロい微笑に…





あの髭が悪いのか、タレ目が悪いのか。アヤシイ微笑で最初のシーンから女性を連れ込んで乗っけてました。
よくよく見ればR-18…ヨン様はファンを試しているのでしょうか。冬ソナファンにパンチを食らわすご登場シーンでしたね。
そしてこの領主様がいとこのユン長官夫人と賭けをするところから、話が始まります。
宮廷物らしいちょっと退屈をしている人たちの遊びの賭けらしく、身持ちの堅い未亡人を領主が落とすことができれば、自分をあげようというもの。
遊びで始まった賭けから、色々なものが暴かれていく。
この賢き長官夫人として日々過ごしている女も、世捨て人の風流人としての日々を送っている男も、貞淑な未亡人としての日々を送っている女も、何かを演じてるような虚しさを抱えているように見える。
まぁ、この筋立てだと浮気者が遊びの相手のはずの相手に本気になって破滅するという展開が簡単に読めてしまうんだけど、そのなかで人々の仮面がはがれていくのが見えてくるのですよ。
長く抱えすぎた初恋の清算が出来ない領主と夫人はお互いが昔のままではないことを知るし、領主は本気になった自分に気付けないで身の破滅を招くことになる。
こう見ると未亡人だけが強い意志を持って味気ない日々から一歩を踏み出したように思う。彼女の最期のシーンはとても悲劇的なのだけれども、その背中から絶望が感じられないのは彼女のはっきりとした意志を感じられるからだと思う。
本当に美しいシーンでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。