スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「図書館戦争」を見ました。

本の為にというか、言論の自由のために銃撃戦、というのが受け付けないなぁ、と原作小説は読んでいませんでした。
すると、LaLaでの漫画連載が始まって、否応なく読むことになったので、
その辺のわだかまりは気にならなくなったかな?と思って、見に行きました。

非常にちゃんとしたミリタリー映画でした。
とはいっても、そんなにミリタリー映画を見ている訳ではないのですが、細かい所まで手を抜いていない印象を受けました。
一緒に行った友人曰わく、図書隊の方が威力が小さい小銃が使われていたそうです。
図書隊の目的はあくまで防衛であり、攻撃ではない、ということの主張の一つなのでしょうね。

見た感想としては、実写となると余計に感じてしまう「本を巡っての武力衝突」への違和感は拭えませんでした。
でも、だからと言って面白くなかった訳ではなく、でも面白かったね~と無邪気には思えない。
やっぱりちょっとモヤッとしました。
多分、原作小説を読んだとしても、そこは違和感として引っかかり続けるのだろうなぁ、と思います。

映画ということで、画になる図書館の建物が使われているので余計に強く思ってしまったのですが、文化を伝えるのは、本だけではないのだぞ!!と、建築家は声を上げた方がいいんじゃないだろうか…なんて、本を巡る攻防戦の中、穴だらけになっていく建物を見ながら思っていました。

キャスティングは、良かったんじゃないでしょうか?
若干、手塚が周りに比べて若い気がしましたが、今の日本の若手女優で榮倉さん以外に郁にハマる人はいないだろうし。
私としては、冒頭から画面の隅で笑いを堪えていた、笑い上戸設定の小牧役の田中さんがツボでした。
とりあえず、見所は岡田君の本気のアクション。
本当に、「ジャニーズの…」とか「V6の…」とかつけなくていいじゃない、もうアクション俳優で、という勢いでした。
なにせ、堂上のアクションシーンになるとスピードが一段上がりますもの。
まぁ、「SP」を見てきた人には、なにをいまさらな事かもしれませんが、岡田君の本気のアクションを見たことがなかったもので、本当に笑っちゃうくらい迫力があって(褒めてます)、驚きました。
逆に、アクションシーンが目立ちすぎて、堂上と郁の関係の変化、というかラブになりかけみたいな場面の印象が薄まってしまった気がしました。

けれども、ジャニーズ史上あんなに「チビ」を言われたアイドルはいないんじゃないでしょうか。
いや、でも手塚役の福士くんくらいデカくないと、榮倉さんからしたら「チビ」じゃないよね。

あと、気になっていたのは「堂上がツンデレ」?
いや、ツンデレになってませんでしたけども、ていうか、まだLaLaの連載でもツンデレまできてない気が…
ていうか、堂上はツンではない気がして仕方がないんですけど、どうでしょう。
とりあえず、映画の堂上まだデレまでいってないよ、岡田君、と言いたいですね。

榮倉さんの郁もかわいかったです。
正義感と使命感ではちきれんばかりな無鉄砲さが、もう本当に。
甘っちょろくて、度胸がいいところ、とか、ぴったりでした。

専守防衛の図書隊…モデルはやっぱり自衛隊なんでしょうね。
字面でしか考えていませんでしたが、実際に見てみると、一回身を危険に晒してからでないと攻撃できない
っていうのは、戦争ではナンセンスだなぁ、と思いました。
けれども、だからといって、ガンガン先制攻撃というのも、ためらいがあります。
苦い経験の上で決めた、決められた「専守防衛」。
本当に、ギリギリの所で守られている大義なのだろうなぁ、と思いました。

この図書館戦争での戦闘は時間制限ありなようで、その時間内で決着をつけましょう、ということのなのかしら。
「時間限定の内戦?!」と友人は驚いていましたが、それでキッチリ禍根(は残ってそうですが)が残らないなら、のべつまくなしに戦闘するよりはいいかもしれませんね。
それよりも、相島一之さんが寄せ手の良化隊の隊長だったのに少し驚きました。
なんていうか、武官なイメージがなかったもので。
そして、玄田隊長。
コミックスでは熊のような大男に描かれていたので、橋本じゅんさんでちょっと意外でしたが、豪快なだけじゃない曲者な感じが強い玄田隊長で面白かったです。
そして、こういう制服ものには欠かせない、と勝手に個人的に思っている、浪岡一喜さんが出ていて個人的には嬉しかったです。


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。