スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウルの動く城を見たよ。

行ってきました、「ハウルの動く城」。

言わずと知れた、魔法使いハウルと魔女に呪いをかけられて90歳にされた19歳の少女ソフィーの物語。
一応宮崎監督初のラブストーリーらしい。

よくわからなかったけど、楽しく見れた。
あたりは流石の宮崎監督、といったところなんだろうか。


街並みや飛行艇、高山の自然の風景、なによりぎちょんぎちょん動くハウルの城はとってもステキだった。
でもよくわからなかった。

ソフィーの呪いは解けたの?
なんで年齢が場面によって変わってたの?
あの国で魔法使いってどんな存在なの?
なんで戦争してたの?
ソフィーとお母さんの関係はどうなの?
ソフィーの家の帽子屋はどうなってたの?

なんか世界はいろいろ大変なことが起こってるんだけど、お話はハウルとソフィー中心の世界で進んでいく。
そしてハウルもソフィーも直接は世界の大事に係わるわけじゃない。戦争を止めようとするわけじゃないし。
そこに「千と千尋の神隠し」よりもすごく狭い世界の物語を見てるような気がした原因があるのかしら。
「千と千尋」は千尋の世界が広っていくお話だったからさ。
愛より大事なものはないってことなんだろうか。
だからといって二人のラブストーリーとしても展開が弱いような…
なんかいろいろな前提を踏まえて見てないと、話の中に入っていけないような、そんな感じでした。

公開前からいろいろ言われていたハウルの声は、思ってたよりもキムタク節がなかったのでそう気にならなかった。
でも思えば「ロン・バケ」の瀬名くんもキムタクになっちゃったのは3話目あたりだったなぁ。あと30分あったらやばかったのかも。
19歳のソフィーの声は、ちょっとそりゃないよって感じもしたけれど。まぁまぁ活発な娘さんではなかったみたいだし。
外見年齢に合わせて声も変わったらもっと面白かったかなぁ。

そう考えたときにちょっと思ったこと。
もしかして声の聞こえ方を熟知した声優の演技は監督にとっては邪魔でしかないのかも。
小説の本文よりも挿絵が目立つと邪魔、みたいな感じで。
監督にとってキャラクターの声の演技は、セリフが平板気味に聞こえる言い回しであってもいいくらいの物でしかないのかも。
それくらい絵でいくらでもカバーできるよ、くらいのものなのかもしれないなぁ。
それとも物足りなさを狙ってるんだろうか。
そろぞれの想像力で補完してね、ってことだろうか。

最後に。
ソフィーはハウルに一目惚れだったんじゃないかなぁ、なんて思ったんですが。
まぁ、入り口は顔ってことかしら。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

開設おめでと~ヽ(*^▽^*)ノ
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。