スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おおかみ子どもの雨と雪」を見ました。

なんだか、やたらに猛プッシュされまくっている「時かけ」「サマー・ウォーズ」の細田監督の新作です。
マスコミにジブリの宮崎監督の後釜に目されてる気配がプンプンして、持ち上げられ方が気になります。

前作2作はジュブナイルでしたが、今作はゆるいファンタジー、といった所でしょうか?
だから前作のような、ラストへグワ~ッと盛り上がる、なんてこともなく、淡々と進んでいった映画でした。
良い映画だったし、楽しく映画は見れたのですが、手放しで大絶賛…という感じではないかな。
考えさせられる、というには設定がファンタジーですし、なんだろう、私が母親でも、親に庇護される子供でも完全にはない(実家住まいですから自立してる、なんて言えないけど)そんな中途半端な立場だからでしょうか?
なんとなく傍観者気分でした。
あぁ~、大変だろうなぁ、って感じで。
良い映画なんだけど、入り込んで夢中になったりは出来なかったなぁ。

バイトと奨学金で大学に通う、真面目な女子大生・花は、ひたすら講義のノートを取り続ける、一人の学生を見つける。
教科書を持っていないらしい彼のことが気になった花は、彼を追いかけて声を掛ける。
それをきっかけに付き合いだした二人だったが、彼には大きな秘密があった。
彼はニホンオオカミの末裔のオオカミ男だったのだ。
そんな彼の全てを受け入れ、花は彼と二人で暮らしだす。
やがて、彼の子供を産む花。
天涯孤独の花と彼は、二人目の子供にも恵まれ、ささやかに「家」を築きだすのだったが、そんな矢先、彼が死んでしまうのだった。
普通の子供ではない二人の子供を抱えて、街での生活に行き詰る花は、彼の故郷のような山近くの村へ引っ越すことを決意する。

この映画、現実的に見ると「お金」の問題が一番甘く描かれています。
絶対に無理だっていう思いはどうしてもあるんですが、そこは置いておいて見てくださいって感じです。
そこでつまずくと、絶対に楽しめないと思います。



花と二人の子供の雪と雨との家族の絆というか、二人への花の愛情は、ちょっと理想的すぎるっていう感じはありますけれども、細やかに描かれていました。
オオカミ男と人間のハーフ(なのかな?)で普通には生きられない二人のために、花が考えられる限りの事をしようと駆け回る姿にも感動します。
そんな花の姿に、最初はよそよそしかった村の人たちもだんだん親切に…なんてあたりは、定石どおりな感じはありますけれどもね。
オオカミと人間と、どちらの自分も偏見なく受け入れていって欲しい、と願う花の心情も立派なのですが、それを肩肘張らずに重くもなく軽くもなく自然に描けているのは、アニメという表現手段ならではではないでしょうか。
とはいえ、花がちょっと良い子すぎな気はしますけどね。

まんま野生児のやんちゃな姉の雪が、小学校に上がった途端に周りとのギャップを感じて、女の子らしくなるのが可愛かったです。
ちょっと気になる転校生の草太から「獣クサイ」といわれて、それをすごく気にしたり、可愛かったですね~。
女の子になったなぁ~っていうか。

とりあえず、親子の関係は納得なのですが、その元となる、オオカミ男の「彼」との関係性がなんだか軽かったのが、この映画に感じる私の違和感の原因かもしれません。
設定の重さに比べて、展開が軽いというか、簡単すぎるというか。
花の葛藤を描き過ぎると重くなってしまうからか、あまり花の葛藤は全体的に描かれていない気がするのですが、それにしても、なんだか受け入れるの早いね…という感じ。
学生結婚(そもそも、花と彼は結婚したのかなぁ?)、しかも親の援助なしなんて、普通でも大変なのに、オオカミ男なんて…もうちょっと悩もうよ。
秘密を打ち明けてくれたことに感激したにしても、打ち明けてくれたことで全部受け入れる決意をしたにしても、なんかそこには葛藤が欲しかったですね。
この映画の始まりでもあるそのエピソードに、いまひとつ心情的に付いて行けなかったので、その後に展開されるお話が良くても、心底から納得できなかったというか、釈然としない部分が残ってしまって、素直に感動できない部分が残ってしまった気がしました。

勢いのあるストーリーではない、ファンタジーな設定で淡々と日常を描いている映画ですので、大ヒットとか大絶賛とか言われるとちょっと違和感を感じますが、良い映画であったことは間違いないと思います。

あと、TVでも特集されていた、風に揺れる花とかの動く背景はすごかった。
キレイだったし、感激しました。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。