スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ~あ、復活しちゃった。アスランが。

PHASE-42「自由と正義」の感想です。

ま~た、フリーダムとジャスティスがお手てをつないでましたね。
ドム・トルーパーが(トルーパーと聞くと…懐かしいってほど入れ込んでもなかったけど)3機出てきて「ジェットストリーム・アタック
をやっちゃいましたね。
宇宙に上がったらできなくなるしね。やっとかんと?ってこと?

前後のつながり等を考えないと、DESTINYも面白かったりするんだけど…
そんな感じで今回は面白いほうに入るかと…
何で攻めてきてるのか、何で守ってるのか、何で必死なのか、理由が理解できるできないはともかく、そういうのがはっきり分かる回っていうのは見ていて面白いですね。
アカツキとデスティニーの対決は、予想していたとはいえあっさり終わってしまいました。
まぁ、あんまりカガリのアカツキがいい勝負をしてしまうと、次の対ストライクフリーダム戦で接戦できなくなるから仕方がないか。
「大した腕もないくせに!」とシンは言いましたが、SEEDでは非パイロットのAAクルーの中では一番腕が良かったんだよ。
そうは言っても、シンはナチュラル相手だということを忘れて戦っていそうですけどね。(もしかしたら製作してる人たちも忘れてるかも…)
アカツキと対決してるのがデスティニーと知って、アスランてば「デスティニー!シン!」と叫んでましたね。
まぁた、カガリは後回しかよ。

危なくなるとやって来る、美味しい所をさらってく、ストライクフリーダムに乗ってカガリのピンチにキラが登場しました。
シンは驚いてましたね。倒したはずのフリーダムが復活してて。
パイロットがキラだと分かったのは、あの相変わらずの戦い方を見たからでしょう。
次は突き刺さないで縦にぶった切ろうね、シン。
たくさんムラサメで練習したでしょ。大丈夫だよ、デストロイだって縦に切れたんだもん。
縦に切ってもキラは死にそうにないけど。
シンの種割れの原動力はやっぱり「怒り」みたいですね。
とりあえずキラの余裕は崩せてなかったようなので、キラの方がまだ上手のようですね。

ラクス様ったら、ついにMSにまで乗ってしまいましたね。
「乗っていただけ」と言いながら、キラと離れてからしっかりAAまで操縦していたような気がします。
絶対に操縦できるはずです、なんてったってラクス様ですから。

今回のメインエベント
アスランの復活。長かった超ヘタレ期を脱出ですよ。
でもラクスにがツンと言われないと動けないなんて、アスランよ…
まじめに感想を書くと、「戦士であるアスランも確かにアスランであるけれど、それだけがアスランではない。」ということなんでしょうね。
それをキラもラクスもちゃんと知ってるよ、ということなんでしょう。アスランが議長を回想していたけれど、「何を願うのか、何を望むのかはアスラン自身が分かっているのではないか?」という様なことを言われたことを思い出したのかしら。
何にせよ、戦うことを「なぜ」選ぶのか。
それををアスランが見失わなければ良いのでしょう。

さて、不真面目な感想。
アスラン、あなたから戦士であることを取ったら何が残るのですか?
あなたが胸を張れることは何ですか?
手先が器用なことですか?(後は思いつかなかった…)
どうなのですか?アスラン・ザラ!
…なんてことはラクス様は言いませんでしたね。
いざという時に何もできない方が辛いでしょ。
だって、結構無理めなことも「何とかできたかも…」なんて言ってずっと悔やんじゃうじゃない、アスランって。
ならいっそのことMSに乗っけちゃったほうが良いよ。
なんてことをキラ君も言いませんでしたね。
私の幻聴ですね。はい。

あ~あ、復活しちゃった。アスランが。
ハガレンの映画の感想でも書きましたが、ここ最近、アスランがベッドの上でひっくり返ったカメみたいにジタバタしてるのを見るのが、もう楽しゅうて、楽しゅうてたまりませんでした。
ケケケケケと笑いがこぼれるのが止められませんでした。
もう、さんざんイラつかせてくれましたからね、アスランさんは。
「や~い、や~い。」ってなもんです。
絶好調のアスランってなんだか上から物を言っているような感じがして、ちょっと気に入らないんですよね。
「アスランのくせに生意気だぞ!」と言いたくなります。
まぁ、偉いさんのお坊ちゃんで、優秀で、さらにザフトの赤にまでなるとなれば、上から物も言うだろうけど。
アスランはちょっとヘタれてるくらいがちょうどいいんですよ。

ちなみにキラは大それた事をしておいて、「僕は間違ってるかもしれない。でも、僕にはこれくらいしかできない…」と過小評価気味に悩んでる姿が好きです。
「これくらいって、あんた。何してるのか分かってんの?これくらいっていうレベルじゃないでしょが!」と突っ込みを入れたくなる…
 
さてさて、批判もありそうな今回のカガリさん。
でも、オーブのMSが撃墜されていうのを大泣きしながら見ているよりも、ユウナをゲンコで殴る姿のほうがカガリらしいかな。
怒りが抑えられなかったんでしょう。
でもちゃんと自分も悪かったことを認めたので、その辺はカガリは偉いなぁと、。
デスティニーに向かっていったのは、デスティニーが出張ってくるとあっという間に防衛ラインを突破されるからでしょうかね。
アカツキならビームも跳ね返せるし…とカガリなりに計算したのか、どうなのか。
でも、乗ってるのがシンと分かったのかな?「お前は!」とか言っていたんですが…どうなんでしょう。
分かったとしたら、やっぱりシンの怒りを受け止めなきゃいけないのは自分だ、と思ってるのかしら。
指導者としたら失格だけど、まっすぐなカガリらしいような気もします。
でもシンが一番欲しがってるのは「平和な世界」なんで、はやく指導者として成長することが一番だと大思うんですどね。















スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。