スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・エドガーを見ました。

FBI初代長官、J・エドガー・フーバーの一代記。
なんとなく「グッド・シェパード」を思い出し、あれはCIAだったか、なんて…
アメリカ近代史、FBIと歴代大統領との関係なんかを知っていたら、もっと何かこの映画から拾えたのかなぁ、なんて思いつつ見ていました。

しかし、ストレスを抱えて精神的に何かに追われている人物を演じるのは、本当にディカプリオは上手いですね。
話題になっている老け演技も自然で、「お願いだから、ダイエットしようよ、レオ。」と思ってしまうほどリアルな腹ボテ具合でした。
本当に、一回マッチョ系にではなく、いい感じに絞ってみてくれないかなぁ。

映画は、フーバーが彼の自叙伝を執筆するライターに彼の人生を口述する形で、ドキュメンタリー映画のように進行していきます。
決してフーバーを英雄的には描かず、さりとて近代史の怪物的にも描かず、冷静に淡々とした目で彼を見つめながら進んでいきます。
その変にドラマティックに作っていない所が、監督イーストウッド&主演ディカプリオなのに、イマイチ巷で話題にならない原因でしょうか。
確かに興味深い映画でしたが、人に勧めるかというと、いや?こんな感じの映画が好きなら見れば?って感じですね。

そういえば、上映前に流れた「トワイライト」シリーズの最新作の予告の「どんな生き物が生まれるのか分からないわ!」みたいな台詞に、「そんなん、ヴァンピールやろ。」と心の中で突っ込んだんですが…
あれ?もしかして「ヴァンパイアと人間のハーフはヴァンピール」って、世界共通設定じゃない…とかですか?

FBI初代長官で、大統領でさえ恐れた男、J・エドガー・フーバーの半生記。
彼が現在のFBIを作って行き、その権力を強化していく様が描かれるのですが、なにか、そこに高揚感がないという映画でした。
恐らく、この映画のフーバーに二面性というか、近代史の怪物的な表の顔には、それに隠されていた影の顔が大きく影響を与えていた、という面が描かれていたからでしょう。

フーバーは「出世をすること」を強く意識して生きてはいましたが、それは自身の功名心からだけのものではなく、彼の母親からの洗脳に近い、教育からのものが大きかったようでした。
彼の母親は、「一族に栄光と繁栄をもたらす子」だと予言されたエドガーに大いなる期待を寄せ、それがJ・エドガーには強迫観念としてのしかかっていました。
「強くあれ」「道を外れるな」そんな強迫観念。
確かにJ・エドガーは有能だったのだと思います。
図書館の検索システムを刷新したり、犯罪捜査に指紋検出などの科学捜査を取り入れたり、現在ではあたりまえに使われている手法が彼の発案であっらことには驚きました。

理想に向かって進む彼を支えた二人の人物がFBI副長官クライド・トルソンと、秘書のヘレン・キャンディ。
面白いのが、公の彼を支えたのがヘレンで私を支えたのがクライドであったようだった事。
駆け出しのエドガーはヘレンにプロポーズしたんですけれども、彼女は結婚に興味がなかったので断られてしまうエピソードがありました。
「じゃぁ、私設秘書に。」ということに落ち着いたのですが、普通、そんな風に落ち着かないんじゃ…と思ったのですが、エドガーの気持ちが伴侶よりもビジネスパートナー的なものを求めていると、ヘレンは感じたのかもしれませんね。
映画のストーリー上、あまり彼女の活躍が見られなかったのが残念でした。
ラストで、エドガーが彼女へ寄せる信頼の大きさが分かるのですが、もっと折々にそういうものが分かるエピソードがあればなぁ、と思わされました。
逆に、新任でいきなりフーバー長官の右腕に大抜擢されたクライドですが、彼の仕事面での活躍もあまり描かれません。
どちらかというと、プライベートのエドガーとの描写が多かったです。
それだけ、フーバー長官がワンマンだったということなのかもしれません。
たまに、走りすぎるフーバーをたしなめる様な忠告もしていましたが、その忠告が聞き入れられていたかというと疑問でした。

一番映画館内がどよめいたのが、エドガーとクライドの痴話げんかの場面。
イーストウッド監督の演技指導が入ったらしいのですが、まぁ、非常に生々しい感じで、館内の男性陣の動揺が大きかったです。(ちょっと笑えるくらい。)
私としては「ディカプリオも年とったんだなぁ~」っていう感想でしたけど。
だって、「太陽と月に背いて」とか「バスケットボール・ダイアリー」とか見ましたもの。
ちなみに、「リプリー」のマット・デイモンの方が私にはキツかったかなぁ…
とはいえ、エドガーがクライドに甘えがあったから起こった様な喧嘩でしたので、「甘えすぎだ」とクライドにぴしゃりとやられてエドガーはどうするのかなぁ、と少し心配でした。

エドガーの中でFBIという組織と自分自身の同一視が起こっていたのではないか、と思えるほどに、FBIという組織を守るためならば、手段を選ばなくなっていきます。
母親からプレッシャーを掛けられる自分と、科学捜査による成果がなかなか上がらず批判されるFBIとが重なったのではないでしょうか。
自らFBIのプロモーションをしたりして、FBI長官をアメリカン・ヒーローのように仕立ててきます。
正義の為なら、どんな手段も厭わない、ヒーローとして。
それをイーストウッドが撮っているのも、また興味深い気がします。

ラストでクライドが「僕にはウソをつかないでくれ。」とエドガーに言います。
本当はアレもウソだ、コレもウソだ、と。
この映画は、フーバーが自叙伝を執筆する記者に語り聞かせる形で進められます。
ということは、知らない内に彼のウソを私たちは見せられていた、ということにもなる訳です。

なんですが…、重い映画だからなぁ~もう一度見て確認したい!とはなかなか腰が上がりません。
そんな感じでした。
興味深いん映画なんですけどね。


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。