スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蛍火の杜へ」

行ってきました。映画に。44分だったけど、映画に。

最近、会社帰りに本屋を覗いたら「アツイヒビ」が大量に入っていたんですけれども、「蛍火の杜へ」の完全版が出る前だったからでしょうか?
ということは、通常版の「蛍火の杜へ」のコミックスは流通分だけって感じなのかな?

まぁ、完全版も買っちゃったけど。(もともと「蛍火の杜へ」持ってるくせに)
書き下ろし短編12Pの特別編のためだけに、買いましたともよ。
ギン目線の短編、良かったです。
12Pなのに、ギンの蛍への想いが溢れてて…
買ってよかったです。(ムリして言ってはいませんよ。本当に)

さて、映画。
東京の「夏目&蛍火」のイベントに行った時に、何か記念に買いたくなって買っちゃった前売り券なんですけど、良く見るとレイトショーの文字が…
レイトって、何時?と奈良のイナカモノは怯えていたんですが、日中の上映があってよかった。
だって、スケジュールを見たら終わり時間が…奈良に帰れるんか?っていう時間だったので。
またJR大阪駅まで、オトナとしてはありえない、と友達に言われたスピードで走らなきゃいけないところでした。(もう持久力ないしね。)

映画は短編でしたが、良かったです。
オチまで知ってるくせにドキドキしながら見ていました。
本当に良かった。
ちょっと原作よりもギンの顔が人間より?かな?っていう気はしましたけれど。

大分長い事「蛍火の社へ」だと勘違いしてたくせに、大好きもなにもないかもしれないですけれども、動くギンや蛍が見られて本当に嬉しかったです。

高校を卒業した蛍が、就職のためにお爺さんの田舎へと向かいながら、ギンとの思い出を振り返る形で語られていました。
ギンはいないのに、約束どおり就職を決めた蛍の姿がせつないですが、彼女が晴々とした顔をしているのに時間の経過を感じます。

あとはだいたい原作のままだったのですが、背景や音楽がきれいで、ギンと蛍の交流がより爽やかな感じに。
ギンもちょっと爽やかめでした。
雪駄履きの兄ちゃんみたいな格好になってましたけれども(アニメの夏目の普段着参照)、ちゃんと不思議に儚い感じのギンになっていました。
高校生になった蛍がちゃんと髪をピンでとめていたのも、嬉しかったです。
オトメゴコロですね。

蛍は自分がギンを置いて行ってしまうんだ、と思ってたんだろうなぁ。

あ、ちょっと蛍の学校生活も描かれていましたね。
もう、本当にギンの事しか考えていない蛍がほほえましかった。
っていうか、一所懸命に蛍に話しかけていたクラスメートの男の子が、完全にスルーされていておかしかったです。
いや、本当に全く蛍が話を聞いていなくって。
可哀想なんだけどね、おかしかった。

ラストシーンはキレイでした。
キレイで物悲しくて、でも幸せなようでもあって。
あの、ふわ~っと着物が落ちる演出はアニメならではだなぁと。

スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

妖怪・・・

わかっているのに、やっぱり「クル」作品でした。(黄泉がえりっぽい?)


ギンを心配する妖怪たちもいいんです。
彼らが、せつなくも、あったかい、そして不思議な、夏目につながる作品にしてくれてます。

愛蔵版読み切りでも妖怪たちの微笑ましいこと。
蛍に届けに行ったのに柿食べちゃうし^^;

ギンが消えてさみしいのは蛍だけじゃないんだねっていう妖怪目線。

コメントありがとうございます。

アニメになったおかげで、余計にギンと妖怪たちの関係と、夏目と妖怪たちの関係を比べてしまいました。
妖怪たちにとってギンは、赤ん坊の頃から世話をしてきたみんなの子供みたいな存在なで、守らなきゃいけない存在なんでしょうね。
夏目は、人間側にいるのに話のわかる面白い存在、という感じでしょうか。

ずっとギンを見守ってきた妖怪たちだから、ギンの想いを分かったんでしょう。
その成就を寂しく見送る妖怪たちが、せつなかったです。

おそらく、また蛍は杜へやって来るでしょう。
そんな彼女を、妖怪たちは木の陰から見守るのでしょうね。
ギンの思い出を、こっそり分かち合いながら。



sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。