スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMNESIA~シン・トーマルート感想

4つのルートを比べると、やっぱり、シン・トーマルートが近い世界なのかな?という気がします。
ヒロイン・シン・トーマの三人が幼馴染という関係だし、ヒロインの家庭事情も安定しているようだし。

シンは年下だけでどもしっかり者で、ぶっきらぼうで生意気、というより厳しい。
自分にも他人にも厳しいので、結構誤解も招いてそうです。

トーマは、一つ年上のお兄ちゃん的存在。何でもそつなくこなしてそうで、ヒロインには過保護気味に甘い。
トーマはどのルートでも、バイトをしていると有能みたいです。

BADx2、NORMALx1、GOODx1で、ENDリストがあるので、ちゃんと見ていないエンディングが分かるようになっていました。
ぶっちゃけ、トーマルートのNORMALはBADじゃないの?って言いたくなりますけれど、シンルート、トーマルートのどちらも、GOODENDに行き着かないと、真相は明かされずモヤッとしたものが残るようになっていました。

製作者インタビューにもありましたけど、シンルートは「金田一少年の事件簿」というか「名探偵シン」と言いたくなるような二時間サスペンスな感じでした。
トーマルートは、このゲームがCERO-Cになったのアンタのせいだよねって言いたくなるような…(いや、アノ人のルートも大概か。)一部でホラーとかいわれちゃっていましたね。

どっちのルートでも言えますが、オリオンがヒロインに入り込んじゃわなければ、何事もなくヒロインと彼らは上手く行っていたんではないかと思いました。
でも、シンルートの転落事件はその前に起こっていた訳だから、そうでもないのか。


シンルート
何事にもキッチリ厳しいシンなので、端から見たヒロインとシンが仲が悪そうに見えたっていうのが、記憶のないヒロインにとっては大きな不安要素でした。
でも、まぁ最初からシンは真っ直ぐないい子だというのは分かったので、いろんなエンディングを見るためにわざと悪く思ってる選択肢を選ぶのが、ちょと後ろめたかったです。

一番頼りになって、安心感のあるお話でした。

「記憶喪失ヒロイン」で、病院に閉じ込められると記憶が戻るような刺激が受けられなくて、そのうち心までなくしてしまう、とかオリオンに言われていたので、記憶喪失がバレないように、ビクビクしながら選択肢を選んでいたら、あっさりシンには記憶喪失がばれちゃって本当にびっくりしました。

「本当に、勉強してるの?受験生」といいたくなるシンの大活躍によって、ヒロインの転落事故の真相は暴かれるんですけれども、多分、オリオンの事がなければうやむやになっていたでしょうね。
記憶のある状態のヒロインなら、真犯人を言わなかったでしょうし、彼女が証言しなければ、真犯人も本当のことは言わないでNORMALENDの様に、事故として処理されてしまったことでしょう。
真相が暴かれたことが良かったのか、悪かったのか分からないけれども、真相が分かったGOODENDの方がわだかまりが小さそうだったので、記憶をなくして良かったんじゃないでしょうか。

ところで、通りすがりのサイコさんだった、ウキョウさん。
シンルートでは本当に訳のわからない、サイコな殺人鬼でした。
ケント・イッキも旅先の親切なお兄さんで終わっていましたね。

店長がオカマだったのには驚いて、思わず巻き戻してしまうくらいでした。

トーマルート
慈愛と狂気。まさにそれでしたね。
ヤンデレ兄ちゃんでした。
しかも、趣味嗜好でなく意識的にやっているあたり始末が悪い。(奥底にはそういう趣味があるのかな?)
ヒロインは謎の嫌がらせをを受けていて、それも身の危険があるようなものにまで発展して、という状況で、強引にトーマの家に保護される事になるんですが、記憶を取り戻さなきゃいけないので、自分で動かなきゃいけない。
でも、トーマはそれをさせたくない。

というところで、なにやら大型犬のケージに入れられちゃったりしてました。
薬を使われるよりは、健康やらなにやらには良さそうなんだけど。
でも、甘いな。
ああいうモノは、家庭用と業務用では恐らく強度やらなにやらに雲泥の差があるはず。
犬がやらかさないようなやり方で、ケージに力を加えれば壊れちゃったりするんじゃないの?なんて思ってました。
やったら…ミザリー的展開が待ってそうだけど、私だったらケージを転がして部屋の中を移動くらいはしちゃいそうです。
アザだらけになりそうだけど。
ちなみに、大型犬というとアラスカン・マラミュートとかシェパードとかにあたります。
ハスキーなんかは中型犬の分類に入ります。
ハスキーで体重が20kg後半あたりかな。マラミュートだと一まわりくらいデカイから…
そんなことを考えていました。

でも、一つトーマに言いたい。
あなた、どうせなら洋物メイドの方がいいなぁ、なんてヒロインがアルバイトでホールに出ている姿を見て思っていたでしょう?

BADENDのスチルで、ヒロインが着ているのって良く見たらメイド服っぽいんですよ。
なんか、ヒロインが和装メイド姿で働いてるのを見た感想を言ってたときに、ゴニョゴニョ言ってんなぁと思ったけど、これか!トーマ!

トーマルートは、オリオンによる記憶喪失がなければ、さっさと両想いになれてたよね、世界も平和だったよね、というお話でした。
「女の子扱いしてくれない」という、失くした記憶の中の好きだった人っていう時点で、イッキじゃないじゃん。
ヤツが女の子を女の子扱いしない、なんてことありえない!

トーマルートは4番目にしたので、ある意味キャラクターに関しては、オリオンやヒロインよりも情報を持っているという…

そこに気が付いてちょっと不思議な面白さを感じましたね。
だから、やきもきする、というか。トーマ馬鹿だなぁ、というか。
ヒロインがトーマのアルバイト先に採用になってから、きっとすぐにトーマはレポートが忙しいとか言って、店を辞めてたんだろうし、絶対にこの人ヒロインが懸命に妹から抜け出そうと立てたフラグを折りまくってきてるに違いない。
なんか、クリア後に見たショートストーリーで、その疑念が確信に変わりました。
馬鹿だなぁ、トーマ。
スポンサーサイト

テーマ : 乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。