スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は行って来ました…その1

「MBS・ANIMEFES.‘05大阪城エクスペリメント」に実は30日土曜日、行って来ました。
1週間前になって突然「そうだ、行こう。」ということになって、行くことにしました。
…ということで、当然ものすごく後ろの方の券でしたが、楽しんできました。

「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」「交響詩篇エウレカセブン」「BLOOD+」」「機動戦士ガンダムSEED」「鋼の錬金術師」の主題歌を担当したミュージシャンの演奏も聞けるというので行きたかったんですが、チケット代に二の足を踏んでいたんですよね。「行こうか。」という友達も見つけたので、老い先も短いことだし(という気分で)思い切って行く事にしました。

あ、スペシャルグッズとやらは、バックステージパスのような体をしたキャラクターを描いた首からかけられるカードでした。
本当はキラが当たったんですが、友達が「エウレカ」を見ていないのにエウレカだったんで交換しました。キラはOPでシンと厳しい顔で対峙している時の絵でした。
エウレカはいつものギョロンとしたエウレカ(笑)。


土曜日の大阪も暑かった…というのにコスプレをしている人が結構いて驚きでした。あのクソ暑い中…長袖だし、軍服なんか襟詰まってるし。
あまり普段コスプレの人を見ないので、最初は「すご~い。」とか呑気に見ていたんですが、だんだん「大丈夫なのか?この暑さで。」と心配になりました。洗濯したら色落ちしちゃいそうだなぁ、とかいらぬことも気になったりして。
…そういえばステラとアウルはいたけれど、オクレ兄さんはいなかったなぁ。やはりあの髪型はハードルが高いか…

さて、「SEED」と「DESTINY」は歌とシン・アスラン・キラのナレーションが入る総集編という構成でした。
あちらこちらで言われてますが、アスランとキラのパートのナレーションは41話「リフレイン」と一言一句同じで、映像もTVのほうが若干長めに編集されていた位でほとんど同じでした。って、同じ日に「リフレイン」されたら、いくら私の脳みそだって同じやってわかるっちゅうねん!本当に一言一句同じだったので、流石にに呆れ果てましたよ。
どっちが流用やねん、言ってみぃ!
TV放送されなかった(笑)シンのパートはシンがステラのことを回想しながら、「ステラの様な悲しい女の子を増やしたくない。」「戦争を無くしたい。」という想いを語る演出でした。
これはシンとステラが好きだった私としては嬉しかったんですが、本編での描写が少ないのが気にかかっちゃいましたね。
まぁ、イベントという熱気の中で見てた分には成立してたかな?
鈴村さんのステラへの想いを込めたナレーションもとても良かったし。
シン、アスラン、キラのナレーションの中では一番すんなり納得がいったのはやっぱりシンの心境だったかな。(ま、純粋にイベントの映像を見た感想では。)
シンは他の二人と違って、理屈をこねないで純粋に心情だけを語ってましたからね。
ただ、シンは他の二人の回想では鬼の形相でズバズバぶった切ってますから、その辺がシンのパートとのギャップがあるというか、なんというか。
やっぱり主人公の顔じゃないですよ、あれは。新たに追加されるカットってそんなんばっかで、そうじゃない顔って常に使いまわしな主人公だから仕方がないのだけれど。
でもこのイベントでは、「DESTINYはシンが主人公」と感じられるようなカットの使われ方が多かったので、嬉しかった。

かなり記憶が曖昧になってきてるんで、中途半端に順を追うと最初は「DESTINY」。絶対TMRでガツンと盛り上げるだろうと思ったら、その通り「ignited」でした。その後シンのパート。
んで、ハイカラが出てきて「PRIDE」。結構好きな歌なんで生で聴けて良かった。噂のラップ君も生で…そんなに気にならなかったけど。
それからアスランのパート。石田さんの演技が安定していたので、帰って見たTVと本当に一緒…いっそトチってくれたら生だったと実感できたかもしれないのに。だって後ろすぎてモニターに映ってる石田さんの口とナレーションが合ってるなぁくらいしか、生だって手がかりがなくて…
そして高橋瞳「僕たちの行方」玉置成実「Reason」と続きました。この二人は緊張していたのか、ちょっと歌のほうが…
ここで「DESTINY」は終わりでした。
歌のバックでスクリーンに流れていた映像は「SEED」「DESTINY」共に、ただTVのシーンを編集しただけじゃなくて、デジタル処理をしていたりして凝っていました。(本編もこれくらい気合入れてしてくれ…ま、本編と関係ないところが作ってるだろうけど)
アスランとキラが映った時の歓声がすごくって「これが噂の…」と驚きました。
けれどもキラとアスランの人気のすごさに感心した直後、真の王者がご登場に…
イザーク、君が真のザフトの王子なんだね。
本当にイザークのカットが映った時の一瞬の歓声の凄さと言ったら…
ちらっと1シーン、ひとしゃべりしただけであの歓声。
そりゃ販促に使われまくるはずですわ。

キラのパートは「DESTINY」じゃなく「SEED」の部分で使われたんです。ちっともSEEDじゃない内容だけどね…

あれ?続いちゃうか…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。