スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとうにあった、ちょっと怖い?話

「Starry☆Sky in Spring~portable」で遊んでいたときの事。

説明する必要もない事かもしれませんが、幼馴染の山羊座の羊くん・魚座の哉太くん・蟹座の錫也くんを落とす…いや、結構最初から主人公の月子は好かれているので、3人の中で誰を好きになるかっていうゲームです。
とりあえず、ポケモン気分で怨霊を封じて京の都を救ったり、学内コンクールでライバルを蹴落として優勝を目指したりしない、純粋な恋愛ゲームは初めてだったので、クサイ台詞がささやかれる度に(なんせ、緑川光大先生が出ていらっしゃる…)PSPを落としていたりしていました。

年齢がバレそうですが、「聖闘士星矢」世代な自分的に印象が悪い、蟹座から着手することにしました。
(だって蟹座ってさぁ~アイツじゃん。でも、星矢的にいうとスタスカ春メンバーの星座ってみんな敵っぽいですね)
(あ、星矢はTVシリーズ世代です。分かっとるわ、と言われそうですが、ツタヤを覗いたら色んなシリーズが出ていたので…なんか、新しい蟹座は小野大輔さんでした。蟹座づいてるんですね。)
ゲームのストーリー画面からタイトル画面へ戻る時に、ゲームのタイトルコールが入ってから、タイトル画面へ行く仕様になっている訳なんですが、ずっと錫也でした。
なので、タイトル画面に戻る時って錫也のお当番なんだなぁ、なんて思ってゲームを進めていたわけです。
この錫也クン。面倒見が良いんですが、結構、独占欲の強いヒトでした。

錫也ルートを終え、羊ルートの終盤に差し掛かった所で、

羊くんのタイトルコールが出たんです。
あれ?錫也のお当番じゃないの?このタイトルコール…

真夜中だったので、ちょっと怖かったです。
まぁ、冷静に考えると所詮ゲームですよ。プログラムですよ。0と1ですよ、所詮。
錫也ルートは操作も慣れなかったから、行きつ戻りつしてたし、きっと、何かしらのデータの蓄積があるんじゃないの~?い、いやいや、きっとあるんですよ。

たとえ、その後共通ルートでは出てくる頻度が少し減っていた錫也が、哉太個別ルートに入った途端に、何を主張したいのか、100%に近い確率で出てくるようになったとしてもね。

おかげで、私の中では錫也はちょっとヤンデレ気味、と認識されています。

その後、スタスカの「in Summer」の宮地ルートでのさるエピソードで、「あぁ、錫也にバレたら宮地は半殺しだなぁ…ヤっちゃえ錫也。」なんて思いながらストーリーを進めたのも良い思い出です。

久々になんで思い出したかと言うと、スタスカのドラマCDを買った時に、壁紙がDL出切るカード(誰のが当たるか分からない)をもらいまして、早速試すと「錫也」だったからです。
思わず「ひぃっ!」とカードを放る私…

錫也ファンの人、すみません。
いや、好きですよ錫也。きっと、ウチの月子は。
スポンサーサイト

テーマ : 乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。