スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SPACE BATTLESHIP YAMATO」を見ました。

思えば、「ハウルの動く城」の感想から始めたこのブログ。
2011年最初は「YAMATO」です。
はい、木村拓哉つながりです。

見に行こうか迷っていたのですが、友達から誘われたので行ってきました。

「SMAXSMA」でちらっと流された登場シーンを見ただけで、

もう1ミリのズレもなく古代進ではなく、「いつものキムタク」フォーマットであることが見て取れた。

それが「見なくても良いか」と思った主な理由なんですが、ネットの評判なんかを見ると「日本のVFXも(やっと)ここまで来たか」というプラスの評価点もあって、それは映画館でないと凄さが分からないんじゃないかと思って、迷っていたわけなんです。

映画館で見て良かったです。

やっぱりいくら薄型TVの大画面化が進んでいるとはいえ、映画館のスクリーンでないと、あの「おぉ…!」という感じは味わえないんじゃないかと思いました。

見る前は気になったアニメからの変更点は、「気にしない」という方向で見ました。
森雪がエースパイロットであったりとか、船医の佐渡先生が高島礼子であったりとか、気にしない・気にしない…
「ヤマト」であることにこだわらないで見れば、受け入れられるかなぁ。
ただ、「ヤマトでない」SF映画として見たら、説明不足で駆け足気味な感じは否めないかな。
特にイスカンダルからの復路。

まぁ、そこそこ良かったです。
古代進はスクリーンには登場しなかった気がしましたけどね。

おっと忘れる所だった。

アナライザーが凄かった。何あのカッコ良さ。

以下、ネタバレありです。



脇役の人たち、特に「ヤマト」を知っているであろう世代の役者陣が素晴らしかったです。
真田役の柳葉敏郎が特に良かったです。
元のアニメの真田の特徴を出そうという、こだわりがとても伝わってきました。
ただ、真田さんといえば「こんなこともあろうかと」なんだと思うのですが、そのセリフはイスカンダルに乗り込んでからの場面でぜひ言って欲しかったなぁ。

他も、池内博之・浪岡一喜など、見ただけでなんとなくキャラクターの性格が分かる配役で、また、各役者陣が上手くそんな雰囲気を出していて良かったです。
そんな彼らの主な登場シーンの一つである格納庫。
あっちこっちで言われていたように、まんまカーフェリーの中でしたね。
もうちょっと、なにか分からんように出来なかったのかと…
フェリーでよく祖母の所に帰省していたので、私には本当に見慣れた光景でした。

森雪がブラックタイガー隊のパイロットに変更されていたのは、ストーリーに雪が直接的に絡んでいけるようになっていて、正解だと思いました。
でないと、ブリッジで「古代君…!」って言ってるだけになってしまいそう…
ただ、古代(キムタク?笑)とのラブシーンは唐突感一杯でしたね。
まぁ、雪からしたら元・憧れの人なので良いかもしれないんですけど、古代がちょっと軽く見えたのが残念でした。
だって、あのラスト。
っていうと、あの場面で盛り上がっちゃったの?みたいな感じなんだもの。

VFXは、日本映画としたら合格でしょう。
ハリウッドは掛けられるおカネがケタ違いですからね。アバターとか…いや、比較しちゃだめだ。
どちらかといいうと、セット撮影部分の方が差が出ちゃうのかもしれない…と、この映画を見て思いました。

あと細かい事を突っ込むと、まだ写真なんかい、と。
ヤマトがイスカンダルに発進出来るのに、L版プリントな世界なんかい、と。
そこは原作準拠じゃなくてアレンジしたらどうかね、と言いたかったです。
「新訳Ζガンダム」では書類なんかがシート状のディスプレイとかに変更されていたんですが…その辺り、流石冨野監督ということなんでしょうか。
そりゃぁ、いざという時にはアナログの方が丈夫で安心でしょうけれどね。
それから、宇宙戦艦なのに下方からの攻撃って本当に想定されていないデザインなんだなぁ、ヤマトって、と改めて思いました。
いや、原作通りなんですよ。
でも、しみじみ実感。
だって第三艦橋…無防備すぎる。
ステルス機による攻撃って、ステルスって言ったってレーダーに映らないだけで目視は出来るんじゃないの?
ブラックタイガー隊が周囲に飛んでたのに、何をしていたんだよっていうので感動は半減以下でした。
いやぁ、下方からの攻撃に本当に無防備ですね。
それのフォローかと思ってたんですけどね、ブラックタイガー隊…


敵であるガミラスは、全は一、一は全な全体意識に変更されていました。
それ自体は別に良かったです。
「私はイスカンダルのスターシャです」って北方系の金髪碧眼美人が出てきても違和感があっただろうし、顔を青塗りした白人が「ヤマトの諸君」って出てきても実写的には引くものがあっただろうし、その変更は良かったと思います。
なんですが、私個人が「マクロスF」「ガンダムOO劇場版」と見て来てしまっているので、「またか」という感じが否めませんでした。
そして、ガミラスが意識体に変更されたおかげで、「自分たちが住むために、地球の環境を変えねば」っていう生物的な理由付けがよく分からないものになった気がしました。
地球人の意識を乗っ取れるのであれば、別に遊星爆弾を打ち込まなくてもいい気がしたのは私だけでしょうか?
あれは、人類を抹殺するために打ち込まれていたことに、設定変更されていたのだったけ?

とりあえず、ラストシーン。
37名程度で航行出来るヤマトの性能はすごいな、と。
「バイファム」のジェイナス号みたいにボギーはいないのに…なんつって。











スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。