スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇場版 機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer-」を見ました。

ということで見てまいりました、劇場版。

第2期で外宇宙航行用の宇宙船「ソレスタルビーイング」が出た辺りから、イオリアの言う「来るべき」対話というのは、もしかして宇宙人との対話が想定してあるんじゃぁ、なんて、なんとなく思っていたら…

現実に。

まさかナイト・シャラマン監督の「サイン」みたいに「グレイマン」(どっちかと言うとシルバーマンだったけど)が出るとか!?
なんて気を揉んでいましたが、とりあえずグレイマンではありませんでした。
良かった、グレイマンの指先がピッカリしたら、刹那の眼がピッカリ、とかしなくって。(あ、そうやってET的に進めると、刹那が眼つぶしを喰らってしまう…!?)

まぁ、冗談はさておき。
そんな感じなので、巷の評判は賛否両論。
多分、TVシリーズが好きな人は納得できるんじゃないかと思います。(「ガンダム」にこだわりのある人は…「OO」好きじゃないんじゃないかな、元から)
特に、前のシリーズの「鋼の錬金術師」(FAじゃないハガレンね。)と「シャンバラを征くもの」を見た人であれば、越えるべきは「ガンダムシリーズ」ではなく「鋼の錬金術師」と、水島監督が言っていたのを思い出すはずです。
「ガンダム」だから、という枠では見ると辛い映画でしょう。
でも、だからといって「ヤマト」とかの時代に遡ってる訳でもありません。

「シャンバラ」とテーマは同じだと思います。
「なぜ、分かりあえないのか」「それは相手が怖いから」「なぜ、怖いのか」「分からないから」
劇場版ガンダムOOは、その葛藤を激しい戦闘シーンにしたり、刹那が悩み沈み込むシーンにしたりして、延々と見せている、そういう映画です。
見ていると、息苦しい重苦しさを感じました。もどかしい、本当に重たいもどかしさをずっと感じていました。


あ、私は「シャンバラ」大好きなんで、この映画は面白かったです。
面白かった、というか好きでした。



第2期ラストでとりあえず新地球連邦政府が出来て、地球は一つにまとまりました。
だから異種生命体との邂逅となったんですけど、第2期ラストでソレスタルビーイングのメンバーが直接決着を着けたのは、アロウズを裏から操っていたリボンズでした。
考えてみれば、地球連邦側でもアロウズと反アロウズで争って、ソレスタルビーイング内でもリボンズ達とマイスター達が争ってて、その二つの戦いが重なっていったっていうことだったんですね…
そのせいで、バシッと分かり易い「一つにまとまった」感があまりなくって、映画の冒頭で人類が一つにまとまったと言われても、なかなか飲み込めませんでした。

今回、人類が邂逅するのは金属生命体「ELS」。
何が目的か、なにより金属なので、そもそも最初は生き物なのかすらわからないという代物。
その上、連邦軍には刹那以外に確認された初めてのイノベイター、デカルト・シャーマンなんて新キャラクターも出てきます。
ぶっちゃけ、最大の敵は「時間」じゃないの?と言いたい気分でした。
まぁ、デカルトは時間に敗れている感じが否めないですけどね。

けれども、このお話を一本の映画ではなく半クールくらいのOVAシリーズにすると…と考えると、やっぱり一気に見せるべきものの様な気がします。
とにかく、ELSが登場してからどんどん張り詰めていく緊張感が、半端じゃないです。
戦闘シーンの動きがものすごく速くて眼で追えない位だったし、ELSはもものすごくしつこいし、「OO」の(というか「ガンダム」の)命題である「分かりあう」ことをしないと、この物語は終わらないのは分かっているし、でも、この展開でそこまで持っていけるのか?!
という諸々の緊張感。
これは、一本の映画としてでないと出ない緊張感ではなかったかな…
で、この緊張感が抜けると、この映画の良さは半減する気がします。
(ていうか、最後は力技だった気もするし…)

「OO」が好きだった人は是非、映画館の音響と画面で見てください。




スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

見て来ました

こんにちは、初めてガンダムの映画を見て来た音虎です。
種の映画は…ツイッターの福田監督によればまだみたいですね(苦笑)

一言で、面白かったと言える映画でした!
最初は「ガンダムかこれ…?」と不安になるようなホラーでしたが、「オレが道を拓く!」的なアツい展開や、派手な戦闘シーン等、満足でした。
アレ(ハレ)ルヤが好きなので序盤のアクションも面白かったですし、久し振りのあのガンダム出現も燃えました。
敢えて挙げるなら難点は2つ。
ビリーとミイナのイチャイチャシーンは必要なんでしょうか…?
あと最後の刹那は…ちょっと分かり合い過ぎなような(汗)
でも本当に満足でした。BD買いそうでコワいです…。

見て来られましたか。

面白かったですよね。
まぁ、賛否両論は否の方が声が大きくなるので、ちょっと不安にはなりましたけど、面白かったですよね。
なんか、一気にスケール感が広がって。
SEEDシリーズのスターゲイザーでも、外宇宙に向かう構想は語られていたように思いますけど、実際に外宇宙を感じさせる物語になっていて良かったです。(刹那は反則的に外宇宙に行ったけど)

ビリーはいいんですよ、あれで。
良かった、幸せになって(?)、良かった。
クジョーの事を思い出すヒマもないでしょう、あれじゃぁ。
ミイナが何者なのか、なんの説明もなかったですけれどもね…
でも、あのイチャイチャがなかったら、映画が終わるころにはドライアイで目がバキバキになっていたかもしれないんで、いい休憩になっていたんじゃないでしょうか。

…BD、うっかり予約を入れてしまいました、TVシリーズを見返した勢いで。
夜中テンションって怖いですね。

けれども、どうするんだ種映画!
なんか、コーディネイターだのナチュラルだのの小競り合いを、ちゃらっと見せたんじゃダメな感じに、ハードルが上がった感があるんですけど…
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。