スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ガンダム」って?

ガンダムOOの映画を見てきました。

まぁ、新しい「ガンダム」が始まる度に賛否両論だったりするのですが、この映画は特に賛否両論で「ガンダムじゃなくていいじゃないか」という意見が多いです。
自分を振り返ってみて、そこまで「ガンダム」論というのはないかな?と、改めて思ってしまいました。
恐らく「機動戦士ガンダム」という物を初めて見た時に、そこまで衝撃を受けなかったからでしょう。
子供でしたからね。

なんていうか、ちょっと大きくなってから見るアニメというか、大判の児童小説じゃなくて、文字の小さめの新書サイズのジュニア本みたいなイメージが近いでしょうか?
同じ赤毛のアンでも、端折ってない「赤毛のアン」。
そんな受け取り方だったような気がします。
アニメって子供向けじゃなかったんだ~みたいな衝撃が少なかったんたと思います。
「ガンダム」以降、大きく広がったアニメ作品の幅の恩恵は受けまくりましたが、「ガンダム」はそんな中の名作っていう位置づけでしょうか。



だから、「ガンダムW」もガンダムじゃないとは思わなかったし、SEEDもSEED・DESTINYも作品自体には文句を言いましたが、ガンダムじゃない、とは思いませんでした。
厳密に言うと、SEEDではキラが勝手にガンダムって呼んだだけで、ガンダムという呼称は作中では出てこないんですよね。
とはいえ、SEEDは白々しいほどファーストガンダムの韻を踏んでいましたけれど。
最初は面白そうだって思っ…いえいえ。

ガンダムが出ているだけでは「ガンダム」じゃないのなら、なんなんだろう。

リアルに人間同士がどうしようもない理由で戦争をしているドラマが「ガンダム」なのか?
仮面の美形っぽい敵が出てくれはガンダム?

最近のアニメで本当によく出てくる「人間同士、なんで分かりあえないの?」っていう考えを、最初にバーンと打ち出したのは「機動戦士ガンダム」なんではないでしょうか?
なんか、冨野監督はそんなに大きなテーマとして打ち出したつもりはないでしょうが…
それを言うなら、「エヴァンゲリオン」も「ガンダム」の系譜に入るんでしょうね。
個人的には「気持ち悪いから、人の頭の中に入ってくるな」っていうハマーン様のご意見に賛成なんですよね。
あはは。

まぁ、ぶっちゃけ「ガンダム」っていうだけで、製作現場におカネが集まるのなら、どんどん使っていけばいいんじゃないの?なんて思ってもいるんですけどね。
「ガンダム」の金看板がない、とおカネを出さないエライ人たちが世の中にはいっぱいいることでしょうから、「ガンダム」という看板の下で、訴えいこと、描きたい世界を自由に作れる環境が出来るのなら、それはそれで良いことなんじゃないか、なんて思います。
反対に身動きできなくなることも多そうですけど。






スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。