スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暁のヨナ」第3巻

9月は結構、買う物が多くて大変です。
ていうか、先月TVを買ってから、なんだか金銭感覚がマヒ気味で恐ろしい。

貴種流離譚のファンタジーです。
1巻でスヲンに裏切られ、父王を殺され、王宮から逃れた主人公のヨナ。
2巻で力のない自分では、どこにいても生きていける場所がないことを実感し、3巻で行くべき道を知る。
ということで、興味がある方は今が「買い」です。
お話も大きく動き出し、建国の祖「緋龍王」のお話も出てきたりして、丁度種まきが終わった所な感じです。
ヨナの運命は、追われた王女というだけではなくなっていくのかしら…
3巻くらいだとまだ買いやすい巻数ですし、本当に今が買いですよ。
なんて。
表紙はスヲンとヨナ。
…スヲンの出番はカケラもなかったんですけどね。
暁のヨナ   3
しかし、7netのリンク画像はデカイ…
「1+1」10巻
禁断の…というほど禁断じゃなくって良かった、という血のつながらない双子(要するに同い年の連れ子同士)のめいとるーのお話もこれで最終巻。
めいのトラウマ・ラスボスの実の母問題も解決し、ハッピーエンドでした。
この作者の描くドロドロがイマイチ苦手だったりするので、「1+1」は淡泊気味で良かったです。
禁断あたりを突き詰められたら、ちょっと読めなかったかも。
めいが天然だけど芯のしっかりしたヒロインだったから、こういうストーリーになったのかももしれないですね。
ウジウジしないし。
中身がけっこうさっぱりしてる子なんで、めいが美少女設定なのをしょっちゅう忘れてしまっていました。
るーは出来すぎ君ですよね。ちょっと可愛くない…実は頑張り屋さんな所は可愛いんですけど。
iconicon1+1(10)
icon

「星は歌う」9巻
基本的に「フルーツバスケット」の透くんと同じくヒロイン・サクヤは癒し系なんですが、フルバと違ってファンタジー要素がないために、ずしっと重たいお話になったりする「星は歌う」。
透もいじめられっ子体質でしたけど、しっかりお母さんが愛情を注いでいたし、花ちゃんと魚ちゃんもいたけれど、サクヤには誰もいなかった…重いッスよ。
でも、そこからゆっくりでも立ち上がってきたサクヤなんです。
この9巻は恋話中心でしたね。
…嵐の前の静けさなんでしょうか。
頼むから、これ以上サクヤを泣かさないでよ、千広くん!と言いたくなる不安なラストでした。
けどさ~、ちょっと好かれてるからってサクヤにベタベタし過ぎなんじゃないのさ、千広くん。
なんて、オバサンは思ってしまうのでした。
iconicon星は歌う(9)
icon



スポンサーサイト

テーマ : 少女マンガ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。