スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙戦争を見に行ってきました。

夏の3大見逃すわけにはいかない(世間的には2大でしょうが)映画の1、スピルバーグ監督の「宇宙船戦争」を見に行きました。

主演はトム・クルーズとダコタ・ファニング。
当てなくてどうする、といった布陣ですね。

「マーズアタック」で皮肉られるように、いままで宇宙人との肯定的な交流しか描いてきていなかった監督ですが、今回はいきなり宇宙人から攻撃をかけられるというお話です。
その日、町には嵐と落雷が起こり、その謎の嵐が収まった後には雷の穿った穴が残されていた。穴の周りにたかる人々の中に港湾で働くレイがいた。彼が雷に破壊されたアスファルトの破片が冷たいことにいぶかしんだ瞬間、地面が震え、亀裂が走り、地中から謎の巨大な機械が姿を現したのだった。
驚いて立ちすくむ人々に対してその機械(トライポッド)はビームを打ち込み、無差別攻撃を開始する。
命からがら逃げ出したレイは、丁度離婚した妻から預かっていた二人の子供を連れ、安全な土地を目指すのだった。

結構お話は原作の「宇宙戦争」に忠実だったそうです。
わたしは原作は読んだことはないんですが、昔アメリカでラジオドラマでこのお話を放送した時に、あまりのリアルさにパニックが起こったという事件を聞いたことがあります。(マスコミ論とかの講義だったかなぁ)原作は100年も前に書かれているものなので、オチはちょっと「これ?」ていうものがありますが、全く退屈する隙も与えられない面白い映画でした。(でも緊張しすぎて肩が凝りました…)
お話はSFですが、演出はホラーにも通じるものが結構ありますね。
ドンパチのスリルではなかったからでしょう。

いっつもスピルバーグ監督は宇宙人との交流を描いていたように思うんですが、今回は交流も何もあったもんじゃない。
圧倒的な科学力で攻撃をしてきて、人類は逃げ惑うばかり。
そこには相手の目的がどうとか、何のためにとか、そんな余裕は全くなくて、ただ死にたくないから逃げるだけ。
きっと偉い人たちの中でも、そんな余裕が生まれるのはもう少し先の話になるんでしょう。
逃げる中で車を奪い合って殺しあう人々もいれば、敵わないと分かっていながら人々を逃がすためにトライポッドに立ち向かう軍の人々もいる。それが軍人の仕事、と言ってしまえばそれだけなんですが、さらっと描かれているだけにそんな人々に頭が下がる思いが沸いてきます。

昔は人間描写がイマイチだと言われていた監督ですが、離婚した妻とのやり取りや、息子とのギクシャクした接し方で、レイがどんな父親で、どんな理由で離婚になったかということが良く伝わってきました。
まぁ、それもありがちな理由といえばそうなんですが、そんなレイが逃避行の中で少しづつ変わっていくという所も見所でしたね。
そしてレイを演っているトム・クルーズですが、今回もスーパーヒーロー色は薄かったですね。「どうせ、大丈夫でしょう、あなたは。」と思わせない緊迫感がありました。うっかりやられちゃいそうな…
最初と最後ではトムのにやけた二枚目顔も深みが違ってて、その辺りはやっぱりトップ俳優だなぁと思わせるものがあったように思います。(ちょっと目の錯覚かも知れないけど。)

とティム・ロビンスが出てきていました。
なんということはない役のような、そうでないような。
やっぱり守るものがある人は強いって言うことなんでしょうか。
でもうまい人ですよね、本当に。
しかしでかいからトムと並ぶと巨人に見えるよ。

そしてやっぱりダコタ・ファニングは可愛かった。
そいてめちゃくちゃ上手だった。トライポッドのカメラに捕らえられた時の表情とか…

トライポッドですが、原作が確か火星人の設定なんであのデザインなんでしょうが、陳腐にならないあの悪役っぷりは素晴らしかたですよ。
一歩間違えればお笑いになりかねないのに、立派に異様さが出ていて立派に怖かったです。

さてさて、「大阪で最初にトライポッドが撃破されるという設定になっている。」と怪獣映画マニアだという監督が嬉しげに語っていたんですが、どうやってあんなものを大阪人は撃破するんだ、と聞きたいですね。無理ですよ、無茶しいの大阪人だって命は惜しいですよ。それにゴジラやゴモラは一体だしさ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。