スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっと80歳でも読んでる気がする…

某ジュンク堂で、少女マンガの棚をしげしげと見ながら歩いているお婆さんを見ました。
ちょっと離れたマーガレットコミックスの棚の所で小学生の女の子が騒いでいたので、恐らく孫娘に付き合ってマンガ売り場に来られたのだろなぁ。

自分を振り返って考えてみると…

なんか子供や孫がいようといまいと関係なく、マンガ売り場にいるような気がします。

きっと一生ものの病気なんでしょうよ。
だって、いまだに止めれらてないんだもの!
なんか、読むなと言われたらイライラして手が震える勢いだと思いますよ。
ということで、懲りることなく色々買っております。

…そのジュンク堂でさりげなくそのお婆さんの前を塞ぐように立った私。
そこから先には行って欲しくなかったのです。
ちょっとね、棚がね、アナタノ知ラナイ世界でいいんですよっていうコーナーでね。

なんで最近、BLコーナーと普通の少女漫画のコーナーの垣根が低い感じの本屋が多いんだろう。
icon八潮と三雲(1)
icon
猫の中には九つの命を持つものがいる…そんな「九生の猫」たちの世界のお話。
彼らが一つ命を落とすと、名前が変わり、役所に更新届けを出さねばならないのだが、届けを出さない猫もいる。
そんな猫の所へ行って、更新手続きを執行するのを生業とするのが「取り立て屋」。
 なので、本当はキャラクターたちは猫なんですが、人間姿で描かれております。
この作者のヒロインでは珍しく「美少女(猫)」設定バリバリな三雲なのに、八潮にとっては眼中外過ぎて、全く報われません。
それでもメゲない三雲がかわいい。
巻末収録の「彼と彼女の不冬眠」も好きでした。
どうも、この作者の血圧が低そうなヒーローが好きなんです。(ガートルードも好きですけど)
八潮は表面温度は低そうですが、中身は熱い人(猫?)ですよね。いや、好きですけど。

iconiconプレゼントは真珠(1)
icon
夢見がちなヘタレおぼっちゃまのエドワードは、社交界デビューのパーティーで大失敗してしまう。
「これではいかん。」とお屋敷の使用人たちは、一人の少女・「真珠」(ネーミングbyエドワード)を連れてくる。
名前もなく、教育も受けたことのないという彼女の事を、徐々に受け入れていくエドワード。
そんな彼に、「もう真珠の役目は終わりです。」と告げる執事。その時エドワードは…
 このお話にドSお嬢様が出てくるのですが、彼女がよく人の足を踏むんです。
それで思い出しました。
もう死んでしまったウチのハスキー犬のバロンが、よく私の足を踏んでいたのを…
いつもヤツを怒る時に「お座り」をさせていたのですが、その時よく「ベシッ」と人の右足の甲の上に前足を乗せてきていたんですよ。
私が怒ると、どことなく嬉しそうな気配をいっつも漂わせていたので、Mかと思っていたのですが、もしかしてドSだったのか…?
な~んて事を思い出すくらい、楽しいラブコメでした。
「花の名前」とか「亡鬼桜奇憚」のような、シリアス物の印象が強いのですが、コメディーです。
エドワードの優しさと天然さが胸に沁みます…女運悪いんじゃないかな。





スポンサーサイト

テーマ : 少女マンガ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

不覚にも

素知らぬふりでお婆さんの行く手を塞ぐゆっこ様を想像して笑ってしまいました、音虎です。
お久し振りです。
そうですよね、知らなくていい世界がそこにありますよね。ってかホントに近いですよね…隠そうともせず堂々と…見かけると何故かこっちが恥ずかしい(汗)

私もマンガとゲームは歳取っても続けてそうで恐いです。子供とリアルに話題が合う親w恐ろしい…!
因みにウチの飼い犬はお手をさせると、鼻息荒くそして力強く飼い主の手を叩く犬でした。私の手はかるたか?と。食い意地張ってただけですが…(苦笑)

お久しぶりです。

久しぶりに行った本屋さんで、普通の少女漫画の棚よりもBLの棚が多くなっていたりして、衝撃のあまり立ちつくしたこともありました。
知らぬ間にそんなに世界は変わっていたの!?
…変わってるとは思うけど、とりあえず、よしながふみさんも「フラワー・オブ・ライフ」で描いていましたが、見ているこっちがいたたまれないから、堂々と見るのはやめてくれ…と。

あぁ、うちのハスキーもやりましたよ。
「お手」というと、左右の前足で「お手」の連続攻撃を食らわせてきていました。
いやいや、左は「おかわり」と教えただろう…と。
ぶっちゃけジャーキーの臭いをかぎつけようものなら、理性をぶっとばして暴れまわって、「お手」どころじゃなかったです。
そして人に飛びついて、鳩尾み前足で突きを入れまくってくれました。
…やっぱりS?
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。