スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇場版 銀魂~新訳紅桜編~」を見ました。

こちらはふらりと独りで。
「銀魂」の後に「シャッターアイランド」を見ようと思ったので、両方に付き合ってくれる人はなかなかいないでしょう、ということで一人で行きました。
雑食なのがこういう所であだになるという…

さて、銀魂は売り切れを警戒してネット予約をして行ったのが、大正解。
映画館に上がるエレベーターに並んでる間に、狙っていた回が売り切れ。
エレベーターで映画館に着いたら、その次の回も売り切れていました。
宣伝に偽りなしの、大ヒット上映中ではないですか。

Zガンダム方式の、新作画をTVシリーズに混ぜて再編集した「新釈」ですが、ストーリーは紅桜編からは全く外れていません。そのまんまです。
そういった意味では「新釈」部分は本当にわずかで「再編集」なだけともいえるかもしれません。

マクロスの劇場版は、新作画なのに残念な出来だ、という部分もあったのですが、銀魂の新作画はもの凄くきれいでした。
その分、TVシリーズからの流用部分の粗さが目立ってしまっていました。
劇場版になってスクリーンも大きくなった上に、TV放送時のサイズが横長で作られていないせいで更に拡大されてしまっていたため、仕方がないと言えば仕方がないのですが…
でも、アクションシーンは文句なしにカッコ良かったです。

頭から最後の最後まで、本当に「銀魂」らしい映画で、ワーナーマークをラスト含めて4回も見せられた映画はこれが初めてでした。
ワーナーさんにはこれに懲りずに、第2弾の映画も製作してほしいですね。

映画が始まる前に「ガンダムOO」劇場版の予告が流れました。
隣のカップルの女の子が、彼氏に「これ、土方さんの声の人だ~!」とはしゃいで報告してました。
が、違うよ。
あれはロックオンなので、三木眞一郎さんですよ。
「銀魂」で言うと毎度OPにだけちらっと出ている「坂本辰馬」です。三木さんご本人もどんな役だったか忘れちゃうほど出ていない、坂本です。
ストーリーは本当に原作・TVアニメの「紅桜編」からの変更はありません。
変更点といえば、「紅桜編」以降に出て来たキャラクター達もあの時点でこういう行動をしていたであろう、ということで、ちらっと神威とかが出てくるくらいですね。
真選組のメンバーは心もち長めだったかなぁ、といった感じでしたね。
そしてやっぱりモザイクのかかる近藤さん。
近くに座っていた少年に大ウケでした。

でも、オールスターキャスト出演という文句には嘘偽りはありませんでしたよ。
とっても「銀魂」らしく実現されていました。
ええ、本当に銀魂らしくね。

ストーリー面では、時間の関係上、TV版よりもさくさく事態が進んでいくので、銀さん大怪我して動けないのに…みたいなハラハラする感じはなくなっていました。
案外あっさりめに銀さんも復活するし。
その辺りは仕方のないことながら、ちょっと残念でした。
短めになった中でも強調されていたのは、刀鍛冶親子の刀鍛冶としての誇りの話と、吉田門下生の桂と高杉と銀時の絆。
人斬りの道具という切り離せない役割を持つ刀、それを鍛え続ける刀鍛冶の誇りの話はTV版でも語られていましたが、削ぎ落されたストーリーがある分、浮かび上がってきていたきがしました。
そして、銀時たち、吉田先生門下の3人の絆。
原作の「紅桜編」時点では全く情報がなかった吉田松陽先生も、人となりなんかが少しは分かってきたこともあって、TV放送時よりも輪郭がはっきりしていました。
そのおかげで、吉田先生向けられた3人のそれぞれの想いもよりはっきりして、それぞれの立ち位置の差も感じやすかったように思います。

アクションシーンは、ラストのズラ桂との共闘シーンが、かなり作り直されていて本当に恰好よかったです。
ほとんど差し替えられていたんじゃないでしょうか。
このシーンのためだけにでもDVDを買っちゃいそうなくらい。

でも、本当にラストまで銀魂らしくて良い映画になっていて大満足でした。

スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。