スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ」

見てきました「イツワリノウタヒメ」。
なかなか会社帰りに行ける時間に上映されてなくて行きそびれていました。

面白かったです。
再編集なんだろう、と思って行ったら案外新規作画が多くて驚きました。
ストーリーも凝縮されてスピーディーになっていたのも良かったように思います。
かなり大幅に変更されていたので、TVシリーズを見ていた人も十分楽しめるんじゃないでしょうか?
逆に、ストーリーのスピードが上がっていたので一見様に優しい作りだったのかは、不安なところではあります。

2部作なので、今作単体では謎が解けない訳なのですが、どういう完結の仕方をするのかさっぱり分かりません。
なんかTVと違うラストになったら面白いのになぁ、なんて。
映画版では初っ端から怪しさ全開のグレイスが実はいい人だったりしたら、本当に仰天モノなんですが…

マクロスFといえば、シェリルの歌とライブなんですが、このライブシーンが本当にすごかった。
演出も舞台装置も(もちろん絵なのは分かってますけど)予想を遥かに超えてきています。
シェリルのライブシーンだけでも、映画館で見てよかった~と思いました。
シェリルはTVシリーズと変わらず、見事な女王様っ振りでした。
時間的には短いので、不器用さんな場面は減っていましたが、フロンティアの森で無邪気にはしゃぐ場面があったりして、可愛かったです。
映画版では最初から、シェリルはグレイスに何かを探すように言われてフロンティアにやって来ているようなのですが、今のところ、どこまでグレースに情報をもらっているかは不明でした。
フォールド波を持つ歌声の持ち主を探しているのだとは思うのですが、グレイスからは対バジュラの切り札になるから、という様な説明を受けているだけのような気がします。
部屋に錠剤が転がっていた所から、V型感染症には罹っているようでした。
…シェリルがめちゃくちゃ稼いでいるのが、映画で分かりました。
マイケルもびっくりですよ。

ブレラはシェリルのお付の様な感じで初っ端から、登場。
なんか、メカ度が上がっていました。
TV版と違って、ランカの歌に反応するわけでなく、ひたすらグレイスの部下に徹した役回りでした。
まさか兄設定が飛ばされたんではないでしょうね…

ということで、ランカの「アイモ」に反応する役はシェリルに変更されていました。
ということは、シェリルも少しは家族の記憶があるってことなんでしょうか?
それだといいんですけど、グレイスに教えられただけだったらちょっと寂しいですね。

ランカはアルトとは知り合いということになっていて、アルトに頼るばっかりだったランカが逆にアルトを支えたりする場面もあったり、オズマがパイロットなことを知っていたり、ちょっとTV版よりしっかりしたランカでした。
「超時空シンデレラ」なんかになる前の下積みがちょっと長く描かれていて、TV版でのラッキー感が薄れていて良かったんじゃないでしょうか。
なにやら、ファミリーマートとコラボ企画があった(ある?)ようでした。

そして、ちょっとまともになっていたアルト。
「歌舞伎役者になりたくない」という彼の想いの裏も、ちょっと掘り下げられていて、理解しやすいものになっていました。
なんとなく考えなしな印象のあるアルトくんでしたけど、その辺がちょっと変わっていて、こちらも良い方向に変わっていたんではないでしょうか。
けれども「お前たちはオレの翼だ~」なんて大ボケはもうかませないでしょうね。(2度とはかませない大ボケでしょうけど)

個人的には、「フォーメーション(だったかな?)MMジーナス」がツボでした。
すっかり柿崎ポジションなミシェルですが、始まった頃はマックスだと思っていたんですよね…


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。