スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちはやふる」第7巻

ふらっと本屋に寄ったら出ていました。
第7巻はかなちゃんが表紙ってことは…机くんや肉まんくんも表紙になるのかな?
…キャラとしては好きなんだけど、本屋での見栄え的にどうなんだろう。

ちはやふる 7
でもまぁ、「このマンガがすごい!少女マンガ部門第1位」だから、机くんだろうが肉まんくんだろうが大丈夫かな!

同時に短編集「クーベルチュール」も発売されていました。
私の行った本屋では、斜め上に水城せとなの「失恋ショコラティエ」が平積みしてました。
…ネタかぶりが目立つじゃん。

どちらもチョコレート屋が舞台ではあるけれど、話のカラーが違いますからね。
「クーベルチュール」のお店は、あくまでそこに立ち寄るお客さんが主人公ですからね。
「失恋ショコラティエ」はショコラティエの方が主役だし、なんていうかチョコにこもってますからね、彼の情念が…
この二つの店が現実にあったら、ぜひ食べ比べてみたいものですね。
きっと全く違う味がするんじゃないか、って気がします。



やっとこさ新が本格的始動です。

太一がちょっと可哀想かしら…
たまに無神経な新と、結構いつも無神経な千早に挟まれてますからね…仕方ないか。
たまにな無神経さなのに的確にえぐる新…「このヤロウ、さらっと言ったなコイツ」って思ってしまいました。
太一にしたらラスボス登場な気分と親友の帰還とが同時にやって来た状態なんで、複雑ですね。

この巻を、あまりマンガを読まない友達に貸したら「人間関係に動きがない巻だった~」とか言っていましたが、次のステップへの地固めみたいな印象の巻ではあるかもしれません。

新が帰って来ましたが、展開はかるた中心でしたからね。(別に私はそれで構わないんですけど)
新に刺激をうけて太一が覚悟を決めてA級を目指そうとしてもがいているし、千早も「早さ」以外の武器を身に付けようとしているし。
二人とも派手なステップアップはないけれど、一歩一歩進んで行ってる感じが良いです。

そして登場の現名人。
なんか、変わり者じゃないと名人やクイーンになれないのかしら…?
新も太一も千早も、まずはあの二人の視界に入ることから、なんでしょうね。
ただ、詩暢は小学生名人時代の新と対戦したことがあるみたいですね。
四角関係…にはならないでしょうけど、ライバル登場ですね、千早にとっては。











スポンサーサイト

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。