スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハゲタカ」を見ました。

NHKで好評で海外でも評価の高い、TVドラマ「ハゲタカ」の映画化。
…実は、ドラマの方は斜め読みならぬ斜め見状態で、あらすじと大まかな人間関係が分かってる程度で見に行きました。

その程度の私でも、分からないこともなく、楽しめる映画になっていました。
でも、鷲津の背景なんかは分かっていた方が、彼の複雑な心情なんかも理解しやすいので、やっぱりネットなんかで人間関係くらいはさらって行ったほうがいいんでしょうね。
敵対的TOBなんて単語も聞こえてくるので、難しい経済映画になっているかとちょっと構えて見に行ったんですが、群像劇というか、人間ドラマでした。

日本の大手自動車メーカー「アカマ自動車」。
不況の中巻き返しを図ろうとするアカマ自動車に対して、いきなり敵対的TOBを発表して来たファンド「ブルー・ウォール」。
敵対的というには、あまりにも好条件でTOBを仕掛けてきたブルー・ウォールに対して、アカマ自動車がホワイトナイトとして選んだのは、かつて日本企業を次々と買い叩き、そしてマーケットを去った鷲津だった。
話を引き受けるも、ブルー・ウォールのCEO劉一華に先手先手を打たれる鷲津。
調べていく内に、ブルー・ウォールの後ろに中国の国家系ファンドがいることを掴む鷲津だったが、その巨額な資金の前に、彼に打つ手はあるのだろうか。

単純に「良かったね」でも終わらないし、なんとなく混沌としたイメージがしたのは、この映画が今の世相をよく映していたからなのかもしれません。
丁度「エヴァンゲリオン」がTV放映されていた頃も、日本の社会の閉塞感が言われていましたが、今の方がその閉塞感が世界的に広がっているのかもしれません。
そんな息苦しさ、誰も正解が分からない中でも、誰もがどこかを目指して生きている、そんな映画でした。




まず驚いたのは、劉一華役の玉山鉄二の演技が良かったこと。
こんなに、上手な役者さんだったかなぁ、と感心しました。
映画の軸となる劉一華の複雑な深さを、人を見下すような上昇志向の強そうなエリートの顔だけじゃない、色々な顔を見せて見事に演じきっていました。
日本を買い叩こうとする敵方で、その莫大な資金をバックに鷲津を翻弄するやり口が、日本経済を追い上げてくる中国の脅威と重なって、本当に厄介なんですが、その口から出る言葉の全てがビジネスの為の方便でない、ということを窺わせる微妙さが出ていて、なんとなく憎めない、というか気になってしまうんです。
その後、彼の生い立ちがぼんやりと見えてくるにしたがって、なぜ彼が「金を無駄にするな」と怒ったのか、その陰が見えてくるんですが、見えたらその分、表立っている彼の行動が見えなくなる。
なぜ、そんなことをしているのか、真意はなんなのか。
彼は鷲津に向かって、自分はあなたですよ、と言う。

鷲津もまた、陰を持つ人物なんですが、彼の場合はドラマ版でも描かれていますし、それを彼なりに乗り越えたところにいるのが分かります。
役作りのために、鷲津役の大森南朋は体重を増やしたそうですが、それが劉に対しての貫禄というか、先達なのだということが良く出ていたように思えました。
まぁ、ちょっと先手を打たれていた時はハラハラしましたが…

そうしてドロドロした戦いをしている劉と鷲津の横で、柴田恭平扮する芝野さんが相変わらず澄んだ空気を纏っているのが不思議な調和でしたね。
彼も、情報戦を仕掛けたり、金融対策の先頭で指揮しているはずなんですが、鷲津や劉のような陰が感じられないんです。
あくまで芝野は表舞台で戦う人なんでしょうね。

ここから、ネタバレ。








最終的に、劉は刺されて死んでしまうんですが、この犯人が分からなくてすっきりしません。
通り魔だったにしては、きっちり背広を着ていたし。
劉が自分は鷲津だ、と言った時から、もしかしたら…という感じはしましたが、直接恨みを買ったからだったのか、単にメディアに顔を出しまくって金持ちだと知られてしまったから襲われたのか。
そこがすっきりしないので、彼の最期に納得がいきません。







スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。