スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天使と悪魔」を見ました。

原作小説では「ダヴィンチ・コード」の前作で、映画では続編になってしまっているややこしい映画、「天使と悪魔」を見に行きました。

主役のラングトン教授には引き続き、トム・ハンクスです。
けれども、「ダヴィンチ・コード」のヒロイン・ソフィーは出てきません。(原作にはいませんからね。)
今回、教授の右腕としてヴィットリアという科学者が出てきます。

さて、前作映画ではキリスト教勢力から聖杯を守った教授でしたが、今回の依頼者はヴァチカン。
カソリックの総本山です。
法皇が亡くなり、次期法皇選定のために開かれる会議「コンクラヴェ」を開催する準備に入ったヴァチカンで、4人の有力候補者が誘拐されたというのです。
その犯人の手がかりの紋章が、科学者たちによる秘密結社「イルミナティ」に関係するらしく、それについて著書を著しているラングトンに白羽の矢が立てられたのでした。

前作「ダヴィンチ・コード」は原作にできるだけ沿って描こうとしたためか、あっちに行ったりこっちに行ったりで少し謎解きがややこしくなっていて、「原作を読んでいない人は、付いていけるのだろうか。」と思ったものですが、今作はストーリーが一本に整理されていて分かりやすくなっていました。
最初に「敵」の存在が明示されて、更に進むべき道筋も提示されるという親切設計。
そして、ちゃんとどんでん返しも用意されているという。
エンターテイメント映画としては良い映画になっていたのですが、その分、ミステリーとしてはちょっと弱くなってしまったようです。
私は原作を読んで行かなかったのですが、原作を読んだ友達は「深さが足りなくて物足りない」と言っていました。

火曜サスペンス的な視点で(こんな役に、こんな役者が…?的な)見ると、断然ユアン・マクレガーが怪しいのですが、あるシーンの彼の演技を見てそれも分からなくなり、意外などんでん返しもありで、最後まで楽しめました。
これは原作を読んで行かずに、映画を見てから原作を読んだ方が楽しめる映画のようです。

以下、ネタバレがありますので、ご注意を。

今回は、1時間ごとに4人の枢機卿が順々に殺害され、その1時間後に反物質を使ってヴァチカンが爆破される(ローマも巻き添えになる)のを何とか先回りをして防ぐ、という1本の道筋が初めに「イルミナティ」の脅迫状によって提示されるので、ストーリーはすっきりしていました。
「イルミナティ」という、得体の知れない敵に対する緊迫感に時間制限も加わって、さらにスピードとスリルが増していて最後まで本当に飽きませんでした。
ぶっちゃけ、3人目くらいの枢機卿の殺害あたりで飽きかけたのですが、そこで初めて敵と教授が直接対決したりと、ダレがないようにされていました。

4人目は助かるかなぁ~という予想は当たりましたね。
だって、全員間に合わなくて助けられないっていうのは、あまりにも教授がマヌケすぎますもんね。
まぁ、一人でも助かってよかったです。

キリスト教が再び絡んでくるのですが、案外キリスト教(というかカソリック?)に興味がない人も多いみたいで、コンクラベって何かさっぱり分からなかったわ、みたいな声も終わった後に聞こえてきたりして驚きました。
世界のカソリック信者のTOPを決定する大変な会議なんですよってことが分からないと、礼拝堂の会議と連動しての緊迫感が分からないことになるので、もったいないんですが…
ヨハネ・パウロ2世が亡くなられて、代替わりの時にコンクラヴェが行われたのは最近のことなのになぁ。
私としては、いいタイミングで公開されたな、なんて思っていたのですが。
映画の中でも、亡くなった法皇は「進歩的で」「世界中から敬愛された」法皇で…というと誰がモデルかニヤリとしてしまいました。
個人的には、コンクラヴェの様子が(現実に忠実なのかは分かりませんが)なんとなく見れて面白かったです。
法皇選定の投票用紙に粉末をかけて燃やすから、「未決定」の黒い煙が出る、とか。
「決定」の白い煙は、そのまま投票用紙を燃やすみたいでした。

今回、感心したのはユアン・マクレガー。
友達は「似てる人がいる」なんて大ボケかまして見ていたらしいですが、今回の彼は印象的でした。
上手い人なんだなぁ、って。(今更言われたくないでしょうけれど)
ラングトンに「神を信じるか」と問いかけるシーンの、声と目が、本当に聖職者の様なまっすぐな純粋な目で、素晴らしかったです。
真摯に生きていて、勇気と判断力もある有能な人なんだなぁって。

彼の英雄的行為の場面は、コンクラヴェの行方を見守りにサン・ピエトロ寺院の広場に集まった人たちには「奇跡」に見えただろうなぁ、と思ったらやっぱり「列聖」の話が出て来ていました。
ヴァチカンからは撮影許可が下りなかったらしいのですが、ちゃんとそれらしく見えていたし、システィーナ礼拝堂なんかも、そのものに見えましたし、現代の技術ってすごいな~って感心しました。

最後に明かされた「イルミナティ」の犯行の動機が弱いように思ったら、やっぱり原作からはしょられた部分に深い事情があったらしくて、そこはちょっと残念でした。
まぁ、そういう風に走ってしまう面も宗教の怖い部分であったりもする訳なんですが。
「宗教にも欠点はある。人間に欠点があるように。」という、枢機卿の最後の言葉が印象的でした。

映画に出てくるコンピュータが全部SONYでした。ソニー・ピクチャーズの映画ですもんね。
でも、ヴァチカンもSONY使ってるんでしょうか(笑)






スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

えええ~
行ったんだ。。。いいなぁ。。。

Re: タイトルなし

行っちゃいました。

分かりやすくなっていて、面白い映画になってましたよ。
ただ、ラングトン教授の大冒険って感じにはなっていたけれども…
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。