スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ感想。

いろいろ感想です。
いつもの如くの偏り様。

「いばらの掟」
「使用人は主人と目を合わせてはならない」
そんな厳格な掟のある伯爵家の主のことを、使用人達は陰で「魔王」と呼んで恐れていた。
伯爵の城で働くメイドの一人、プリシラが休暇に出掛けた城下町で一休みしていると、彼女の頭上から青年が飛び降りてきた。
それはなんと「魔王」ことクレイヴン伯爵その人だった。

icon
iconいばらの掟
icon
身分違いの恋です。
絵もお話もヒロインのプリシラもかわいい、少女マンガの王道です。
本当にプリシラがふわふわかわいくて、(メイドだし)萌え萌えです。(あれ?ヒロインにモエモエしてるあたりちょっと終わってる?)
控えめで可愛くて、ちょっと古風なヒロインですね。
伯爵のロジャーは、実は執事など古参の召使いに城を牛耳られてるお坊ちゃんだった…という感じです。
身分違いとはいっても、厳格に身分制度を描いてる訳ではなく、さらっと読めるお話です。







「十二秘色のパレット 6巻」
南国オパルにいる職人、極彩色の鳥達から鮮やかな色を引き出すパレットたち。
そのパレットに憧れて日々勉強中のセロのお話です。

icon
icon十二秘色のパレット   6
icon
この6巻で完結です。
いつもテンション低めに生きているグエル先生と、マイペースなセロの微妙な関係にも、決着が!
テンション低く、以外に大人気ないグエル先生が好きなんです。
ところで、このグエル先生。
私のダメ絶対音感では、石田彰さんの声で台詞が聞こえてきます。
いつもテンション低めに淡々としているグエル先生のイメージが、どうも石田さんなんですよね。

「よろしく・マスター 3巻」
クリスマスにサンタクロースとしてプレゼントを配る、くるみとそのパートナーのトナカイ・カイト(人)。
相変わらずくるみにラブラブなカイトと、ちょっと淡白なくるみの前に「はぐれ黒トナカイ」が…
この黒トナカイのアルトが、カイトにそっくり。
果たして、また二人の絆は試されることになるのか?

icon
iconよろしく・マスター   3
icon
今回はクリスマスの話は入っていないんですが、海には行っています。
トナカイさんたちは暑さに弱い設定のはずなんですが、毎巻一回は海に行っているような…
(確認したら、ちゃんとクリスマスでした。プレゼントを配ってないだけで…)
くるみちゃんのくるんと丸い後頭部とうなじが可愛くて…抱きつくカイトの気持ちが分かる気がします。
ちなみに、カイトの声は小野大輔さんの声で聞こえてきます。
あ、某執事セバスチャンの声ではない小野さんの声ですね。(ですよ、Sちゃん。)
2枚目なのにアホっぽい…いやいや、ピュアな感じが…。
ツンデレメガ~ネなカイトの兄ちゃんは…自動的に神谷浩史さんで聞こえます。スミマセン。

ダメ絶対音感つながりでついでに。


icon
iconDear Girl~Stories~響 1
icon
上に書いた小野さんと神谷さんのラジオ番組がメディアミックスでコミックスに…(ドラマCDにもなってますが)
二人は普段は声優として活動をしつつ、裏では悩める乙女達の手助けをする秘密結社「響」に所属するエージェントとしても活動している、という設定です。
…読んでみて思ったのですが、ラジオ番組を知らない一見さんに敷居の高いモノになってやしませんか?
マンガ・ライトノベル・番組レポートマンガ。ここまで色々ごった煮なコミックスも見たことがない。
まぁ、この本を買う二人のファンであれば番組を聞いてるでしょうし、大丈夫なんでしょうけど。(ニ○○コ動画もあることですし)







スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。