スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25話「再生」

いよいよ最終回。

リボンズ(の中の人)の希望通り、ニクイ機体に乗ってきましたラスボスが。
大きいMAの中からMSっていうのは1期でやってるよなぁ、って思っていたら…

なんと両面表なMSでした!(ちょっと笑)

長距離戦ではリボンズ・キャノン(赤)で、接近戦ではひっくり返ってリボンズ・ガンダム(しかも白)。
なんか体育帽みたいだな…なんて。
でも、実際に乗ったら乗り物酔いしそうですよね。どういうコクピットになってるんでしょう。
モニター情報は切り替わるとしても、Gは逆にかかるはずだし…(Oライザーの沙慈は逆にGがかかってたし)
なんかコクピットが360度回転するシステムなんでしょうか。

まぁ、神を自称するリボンズ先生には逆にかかるGなど、へでもないのかもしれませんが。

そして2010年の劇場版へ…
まぁ、ハガレンのシャンバラっぽい話になるんでしょうか。続編であり、番外編ぽくもある感じ。
劇場版を見なくても、それなりにTVシリーズのENDマークは付いていると思いますし。
「終わってない」っていう意見もありますけど、テーマが大きい分、そんなに簡単に人類が戦いを放棄できる訳もないし、分かり合えるはずもない。
人類の未来への戦いはまだまだ続く、なジャンプ的ENDでよかったと思います。
そんなに簡単に変革されたら、かえって胡散臭い感じがして私は嫌ですね。

ってか、どうでもいいけどSEEDの続編劇場版ってどうなったの?
1期ラストからのリボンズを見て、天使を象徴的なキーワードに使ってきているOOなだけに、ルシファーっぽいなぁ、と思っていました。
下等種に使えることを由とせず、神に成り代わろうとする。
まぁ、リボンズの場合は、あくまで人類と人類の未来しか見ていないイオリアに「自分の存在」を示したかったんでしょうけど。
彼も、人類の愚かな戦いの場ばかり見てきてしまったのかもしれませんね。
OガンダムしかGNドライブの稼動が成功しなかった、みたいな時だったろうし。
ティエリアの場合は、同じ目的を目的を持って戦った仲間との交流があったけれど、リボンズにはなかったんでしょう。
それに、GNドライブからの影響とか諸々のデータを取ったり、そういった実験の被験体でもあったのかもしれませんしね、リボンズは。
そんな中で彼も歪んでしまったのかも。
刹那はリボンズに命を救われたのだろうけれど、刹那もリボンズをある意味救ったのかもしれません。
それは歪みを大きくしてしまっただけだったのかもしれないけれど。

刹那とリボンズの対決は、ファーストを見ていた私としてはいろいろほくそ笑んでしまうような遊びが一杯で、楽しかったです。
「白いガンダム」とか、「リボンズ・アルマーク。行く」とか「僕はまだ戦える」とか。
リボンズ・ガンダムとOOガンダムとの戦いは、正直早すぎて目が付いていきませんでした。
一回目に見たときには、OOガンダムの頭が飛ばされたのも気が付かず、な有様でした。
二回目はちょっと余裕が出来たので、どきどきしながら見れましたが。
リボンズがOOガンダムのGNドライブを奪って、漂うOガンダムを見つけた時には、本当にわくわくしました。
「ラッセ!バカ!なんで乗り捨ててんのよ!」とも思いましたけど。
Oガンダムとの対決は、エクシアR2。
それも、ニクイなぁ~と。
ZでもZZでも(Vガンダムは見てないんですよ)、主人公は軍に所属してたんで旧主役機はサブキャラに払い下げられていたし。
WやSEEDとかでは、再登場しなかったですからね。(種デスのインパルスはルナマリアが乗ったんでしたっけ)
エクシアが出てきて嬉しかったです。
Oガンダムが盾を投げ捨ててビームサーベルを構えた場面では、雑念が入って笑ってしまいましたが、この辺りの一騎討ちはサービスでしょうね。
でも満足がいきました。

OOの登場人物はなかなか死なないですね。
モロに爆死シーンがないと、絶対に死んでいない(笑)
種や種デスでは死んだふりっこしてたキャラが帰ってくると、ちょっと釈然としなかったんですけど、なぜかOOでは許せます。
まぁ、ネタを引っ張らない演出だっていうのがあるんでしょうけれど、なんか帰ってくると嬉しい気がします。
幸せになって欲しいなぁ、と素直に思えるキャラクター達だからかな。
でも、今回はリボンズさんも帰ってきそうですね…

帰ってきた、といえばコーラサワーですね。
なんかカティと結婚までしてしまって、本当にシリーズ一の幸せ者ですよ。
最終回では残念ながら出番がなかった(2期全体で出番があんまりなかった?)グラハムさんも、グラハムさんに戻ってきた、とも言えますよね。
ビリーも憎しみのから解放されて、なんか愉快そうな元のビリーさんに戻っていたし。
それぞれの「再生」ということかな。
しかし、ビリーはトランザムとツインドライブの開発に成功したんでしょうか。
何気に凄い技術者なんじゃないでしょうjか、ビリーって。

CBの面々はまた戦いに備えて旅立ちって所でしょうか。
戦いによって、戦いをなくすことは出来ないと判っていても戦いを止めないっていうのが、もしかしたら彼らが自分達に科した罰なのかもしれないですね。
いつか、人類に自分達が必要がないと捨てられる日まで。
ま、アレルヤとマリーが自分探しの旅にでてましたけど。
ラジオによると、彼らはCBを抜けた訳ではないようです。

最後に気になったのは、新たな一歩を踏み出した人類の各所にイノベーター達がいたことです。
ティエリアの言う「共に歩み、時には導くイノベイド」達であると信じたいですね。

たるい展開だな、なんて思っていた1期の第1クールが夢のような、怒涛の第2クール、そして第2期でした。
コード・ギアスと同じく、なんとなく突っ込み所はたくさんあるけれど、それでも楽しめた作品でした。
これまたギアス以上に、第2期からのキャラクターが増えすぎてそれぞれの描写が少なくて残念だった面も否めませんが、それでも楽しく見れた作品ではありました。

なんか、いつも以上に長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださった方お疲れ様でした。
ほんと長くてスミマセン。









スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

うーん…

どうも、種の劇場版はもういい気がする音虎です。
時間があればあの夫妻は良い仕事する気がしますけど、流石に時間かけ過ぎだろうと(苦笑)
OOの劇場版はやっぱラストに木星と4つのGNドライブっぽい光が映りましたし、木星辺りの「種」との「対話」の話かなぁと思ったり。でもそれガンダムの話として成立するのか…?
ファーストネタは元ネタを観てないので全然分かりませんでしたが、「オマージュしてるよ!」って空気がプンプンしてたのでそれだけでニヤニヤしてしまいました。
にしてもR2って聞いた時は思わずルルーシュ!と反応してしまい、自分で、あぁ病気だなと思いました(笑)
ダブルオーからエクシアに乗り換えて、かつて神と認めたOガンダムを否定する流れは熱くなりました…が、それだけに戦いでどう平和をもたらすのか、答えがはっきり出てないのがちょっと残念でした。
何でもかんでも答えを求める考え方もダメだとは思いますが、結局リボンズ=デュランダルで、キラの出した「未来は自分達で作るものだ」との結論と何ら変わりが無いように思えて…。
種デスの後に同じようなテーマをぶつけて来たので期待はしてたんですが…。

何はともあれ、レビューお疲れ様でした。

長い戯言を読んでくださってありがとう。

私は、あの木星付近にマクロス船団でもホールドアウトしてくるかと思いましたよ。
マクロスFも劇場版が作られますしね。

そういえば、種も宇宙クジラとかいう訳の分からないモノが存在してましたね。
う~ん、私も種の映画は…レンタルかな(てへ)。
というか、OOのラストで具体的に告知できなきゃ流石に時期を外しすぎですよ。

仮に、あのキャラクター達と刹那のOOライザーの力で対話が出来ても、彼らとは分かり合えないような…言語明瞭意味不明瞭で。
分かり合えない敵との対話で、CBの面々を早速悩ませるのも面白い?
ストライクフリーダムのフルバーストと、刹那のOOライザーガンダムと、どっちが勝つでしょうね。
刹那は最終的に量子化出来るからな~
個人的には、アレハレルヤあたりにストライクフリーダムのフルバーストを突破してほしいです。真の超兵で悪役っぽく。

冗談はさておき、これからもCBはきっとモグラ叩き的な活動をしていくんでしょう。
戦いの後に得るものが少なかったら、戦う人もいなくなるはずなので。
戦争に対する幻想を打ち砕く力として、CBはあり続けるんじゃないでしょうか。
でも、その過程で儲けちゃう人たちがいたりして、その人たちは戦場近くにいなかったりするのが現実としてあったりもしますがね。
難しいですね。

お話的には、OOライザーのGN粒子圏内で、人と人が意志を通じ合うことができるっていう設定を、もっと具体的に上手く使ってENDマークをつけてほしかったかな。
でも、キレイに終わりすぎると劇場版に引っ張れないしね。
その辺を劇場版で回収してくれないかしら。


sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。