スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベンジャミン・バトン~数奇な人生」を見ました。

アカデミー賞でも話題だった「ベンジャミン・バトン~」を見てきました。

老人の姿で(というか皺くちゃの赤ちゃんだった訳なんですが)生まれて、年を経るごとに容貌は若返っていくベンジャミン・バトンの人生を追った映画です。
時間にして167分…長くなかったという訳ではなかったけれど、退屈だった訳でもなく。
見応えはありました。

ブラッド・ピット主演です。
ベンジャミンの特殊さが映画の中で自然に成立している、ということはきっとブラピの演技は素晴らしかったのでしょう…けれど、それを食う勢いだったのが、ヒロイン・デイジー役のケイト・ブランシェット。
本当に、素晴らしかった。
上手い女優さんだなぁ、とは思っていましたが、いつの間にやら凄い女優さんになっていました。

なにやら「盗作だ」と言ったイタリアの作家がいたそうなんですが、1920年代に書かれた短編を元に作られたそうですね。
老人の姿で生まれ若返っていく、という設定を聞いて、私は「天使禁猟区」のロシエルを思い出しましたがね。

予告編で流れた「ヤッター・マン」
喋るまでは深キョンのドロンジョ様はイイ感じでしたが、やっぱり深キョンでは声が可愛らしすぎるというかなんというか。
そしてアメリカで大ヒットしたとかいう、吸血鬼映画「トワイライト」
隣で友達が「プッ」と吹き出してましたが、古い少女マンガ読みには「もういいよ」と思えてしまうお話しですね。
まぁ、アメリカには少女マンガなんていうものはないそうなので、キャーっとなるのかもしれません。
友達は、予告編ナレーションの「美しい青年」とかなんとかいう単語に反応して吹いてました。
いや、友よ。そこは許そうよ。設定だからさ。
どうも、白人といえど吸血鬼設定の白塗り(?)は実写的には変ですね。



最初、街の駅の時計の話から始まって、その話がちょっと長いので「え?」って感じでした。
ベンジャミンの話との関係性があまり感じられないので、冗長に思えてしまいました。(完全に無いという訳ではないんですけど)
もうちょっとコンパクトにまとめてくれても良かったと思うのですが。

ベンジャミンが生まれたのは第一次世界大戦終結直後。
その容貌の異様さから、お産で妻(ベンジャミンの母親)を失った直後の父親に捨てられてしまうんですが、そこがたまたま老人ホームだったのがベンジャミンには幸運だったともいます。
そして、そこで信心深い女性クィニーに拾われたのもまた、大きな幸運でしたよね。
普通なら気味悪がられて拾ってもらえないだろうし、老人ホームなので老人がたくさんいて、ベンジャミンがまぎれ込んでいてもあまり気にされないし。
それに、ゆったりとした時間を過ごしている人達の中で、ベンジャミンも自分のことを受け止めることが出来たのではないかと思います。
母親がわりになるクィニーは、自分が子供が産めない体質(後に授かりますが)だと知っていて、ベンジャミンのことを神様からの贈り物だと育てるのですが、なかなか普通では出来ることではないですよね。
ベンジャミンの一番の幸福は、クィニーに愛情一杯に育てられたということでしょう。
どんな容姿でもクィニーにとってはベンジャミンは「私のぼうや」なんですね。
それを見ていて「ベンジャミンは幸せだったんだなぁ~」と思いました。

この映画は、宣伝通りベンジャミンとデイジーとの恋愛も描かれますが、ずっとべったり二人が一緒にいた訳ではないことがちょっと意外でした。
ベンジャミンは古き良き少年らしく(でも外見はお爺さん)、船乗りになって街を出て行ってしまい、その先で年上の(しつこいようですが外見上はオトナな恋愛)人妻と恋愛したりするし、デイジーはバレエダンサーになって団内に彼氏が出来てたり。
どこで二人の人生が交差するのか、見ていてハラハラしました。

交差して離れて、また交差して…
ベンジャミンの人生という時間の流れを描いていつつ、瞬間瞬間を描いている不思議な感じの映画でした。
人生が、瞬間瞬間の積み重ねであることは分かっているはずなんですが、それが描かれていることが意識できる映画でした。

ベンジャミンは幸せだったのだろうか?と聞かれると、帰るところがあって、迎えてくれる人がいて、容貌が若返っていってしまうという特異な人生ではあっても、彼は幸せだったのではないか?と思えます。









スポンサーサイト

テーマ : ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

観ました!

どうも、久し振りに映画館で映画を観た音虎です。

確かに時計の話は…流石に長過ぎたのではと思わざるを得ませんでしたね(苦笑)関係無くは無い、無いんだけど…。
ベンジャミンとデイジーのすれ違いには私もハラハラしました。もっと純愛みたいなのを描いた作品だとばかり思っていたので…意外にやるなベンジャミン!みたいな(笑)

古き良き青春?なのかな。

そうですよね。
なんかベンジャミンが品行方正な、特異な運命にじっと耐えるとか翻弄されるとか、そういう青年じゃない所が良い映画ですよね。
初体験がプロの人だったり、年上の謎めいた人妻と不倫したり。
結構やんちゃな人生ですよね。

映画館で見ると映画に集中出来る(せざるを得ない)からいいですよね。
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。