スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳 第一話「猫と友人帳」

やっと、大阪でも始まったアニメ「夏目友人帳」
しつこいようですが、本当にアニメになるなんて…!
前の連載「緋色の椅子」終了のころには、結構「地味」とか「分かりにくい」とかいうキーワードで好きな連載が打ち切られたりしていたので、本当に、本当に心配していたのです。
それがアニメになるなんて…OP見ただけで感動しました。

絵が、というか画面がきれいで嬉しかったです。
色彩も淡い感じで統一されていて、イメージとズレがあまりなかったのにも感激でした。
なんとなくアニメになって背景が付いて、非常に身近な風景であったのだなと驚きました。
とは言っても、子供の頃の記憶の話で、最近は住宅地に変わったりしてなくなってしまってる風景なんですけど。

あと1つ、アニメになって大きな発見が。

夏目って美形キャラだったんですね。

なんか気が付かずに原作は読んでいました。
祖母のレイコが美人設定で、レイコに似ているってことはそうなんですよね~
アップになって、まつ毛がパシパシ付いていてびっくりしました。(原作でも付いてたんですけど)

気になるのは、何人か「ヴァンパイア騎士」があると思って見た人がいたんじゃなかろうか?っていう事ですか。
アレで第1部完って、本当にTV放送だけ見ていたら気が付きませんよね。


icon
icon特別企画 夏目友人帳 1~6巻セット
icon
あぁぁ~6巻セットなんて企画が…
グイン・サーガの特集記事で「グインを読んでいない人にはこれからグインを読む幸せがある」なんてことが書いてありましたが、なんとなくその気分が分かるかも。
…とか言って、グイン・サーガ読んでないんですけどね~これから出会うにしても、長すぎるんだよ!
ニャンコ先生の登場シーンは何回見ても笑ってしまいます。
ちょっとおっさんというより爺さんくさい喋りでしたが、本性の斑になったときの粋な格好良さとの落差があって良いですけど。
雑誌の付録ドラマCDからちょっと変えてきたかな?という感じでした。
最後までブサかわいいニャンコ先生でお願いします。

さて、美形度がなにやら上がってきた夏目くんですが、絵が付いたからか第1話だからなのか、こちらもドラマCDよりも頼りない感じになっていて、CDを聞いたときよりも私の中の夏目のイメージにより近くなっていました。
なんか本当にいちいち美形度が上がっていて、夏目を見るたびにちょっと笑ってしまったのですが、このままで行って頂けるならDVD買いますよ、私。(でも、コードギアスと重なる…?財布がマンドラゴラ並みの悲鳴を上げそうですが)
子供時代の夏目も予想以上の可愛さでした。
あんな子だったら多少変なこと言っても、OKですよ。
冒頭で、変なものを「たまに」見る~と入った夏目のモノローグに、思わず「しょっちゅう」の間違いだろう、と突っ込んでしまいました。

第1話は、友人帳の説明と、夏目の決意(と言うほどのものではないか)のお話。
持て余していた能力を使う方向性を、夏目が見つけることが出来たというか。
ただ逃げ回るだけではない、妖怪との関わり方が見えた、ということですね。
妖怪をボコッて回っていたレイコの真意はあまりまだ分からないのですが、人の世との関わりが薄れてしまった妖怪たちを子分にすることで、「居場所」というか「存在理由」みたいなものを妖怪にあたえていた様にも見えます。
「子分だ」と妖怪には言いつつ「友人帳」と名づけた、レイコの寂しさや何となく漂ってくる優しさ。
ただ恨まれていた訳ではない、という妖怪との意外な関わりが見えたりする良いお話でした。
ちょっと泣かされました。
ただ、画面がきれい過ぎたせいか、前半夏目が妖怪の“ひしがき”たちに追いかけられるシーンのおどろおどろしい感じが少なくて、「名前を返せ~」と追いかけて来た“ひしがき”の想いが恨みじゃなかったっていうのが分かる場面のインパクトが減ったかな~
ま、でも十分泣かされますけど。
名前を返すシーンはシンプルながらきれいで、派手派手になったらどうしようと心配していたので安心しました。
やっぱりレイコさんの武器はバットなんですね。しかもお札付き…
最新刊の中表紙は、妖怪の背後からバットを隠し持って狙うレイコさんでした。
ステキにヒドイ人です、レイコさん。

第二話は「露神の祠」
あぁぁ、このお話は絶対に大泣きだろうなぁ~



スポンサーサイト

テーマ : 夏目友人帳
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 夏目友人帳 第1話 「猫と友人帳」

夏目友人帳 4 (4) (花とゆめCOMICS) 小さな頃から、妖怪といわれるものの類を見ることができ、そのため周囲から疎まれてきた夏目貴志。ある日、妖から追われ逃げ込んだ神社で、招き猫の姿をした妖に出会う。斑という名のその妖から、妖たちは夏目を祖母のレイコと勘違?...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。