スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を見ました。

久し振りのインディ・ジョーンズ。
オーパーツのクリスタルスカルとか、ロズウェルとか、エリア51とか…?
久し振りのインディなんでいいんですよ、お祭りですよ、お祭りなんです。
インディ・ジョーンズというテーマパークのアトラクションのような映画でした。
後に引く何かがあるわけではなくて、終わった後に「あ~楽しかった」っていうそれだけでいいっていう感じでした。

インディ・ファンならニヤリとするモノが散りばめられていて、これぞ復活作。
家に帰ったら偶然「失われた聖櫃」がTVでやっていて、「おお!そういうことか!」と発見の連続でした。
過去の作品を見てから行ってもいいかもしれませんね。(ぶっちゃけ散りばめてくれても、覚えてなかったですよ、監督。)
そうすると更に楽しめるのかもしれません。

ストーリー…え~っとなんだったっけ?
いきなり、ロズウェルでアメリカ軍が回収した宇宙人の遺体を狙う、ソ連の諜報組織に誘拐されて協力させられているインディ。
鮮やかに形勢逆転に持っていけるか、と思ったら仲間のマックの裏切りで再びピンチに。
なんとか逃げ帰ってきたインディだったが、ソ連と係わりを持ったことによって政府関係から圧力がかかり、大学での職を失ってしまう。
失意のインディの元にマットと名乗る青年がやってきて、インディの旧友でもあるオクスリー教授を助けて欲しいと頼むのだった。
そしてインディとマットは、オクスリー教授が追っていたクリスタル・スカルの謎を追うことになるのだが、そこに再びソ連の工作員イリーナ・スパルコが立ちはだかる。

そんな感じで、またまた事件に巻き込まれるインディさん。
劇中でも、すぐにドロ沼に足を突っ込んで抜けられなくなる、と揶揄されていました。

インディが好きなら見に行ったら良いと思うのですが、愛が深い人はもしかしたら物足りないかも。
何といっても、宇宙人が絡みますから…
ラストあたり、ジャンプで連載していた「封神演義」を思い出したのは私だけ?
だって、あれって女媧にしか…いや、ごにょごにょ…





本当に、お祭り映画でした。復活イエー!という気分で軽い気持ちで見るといいと思います。
目新しい展開はないし、ドタバタと暴れながらラストまで突っ走るストーリーで、特に深く考えるようなお話ではないわけなので。
映画を見た後に「BLACK BLOOD BROTHERS」の9巻を買いまして、友達と別れてから3時間くらい掛けて読破したんですが、そのせいか「え~っと、どんな話だっけ?」という状態になりました。

確かに、連続して製作されているシリーズの途中で、この「クリスタル・スカル」を出されたら、「おいおい、なんか違わない?」と文句を言うかもしれませんが、19年ぶりのシリーズ新作としては文句はありません。
最後まで楽しめましたもの。

なにより、前作までを意識して作られた全体から漂うデチューン感。
これぞ、本当のデチューンですよ。
CGの技術だって、第3作を作られた時に比べたら格段の進歩を遂げているんですよ。
スピルバーグとルーカスが組んでいるんですから、バッリバリにリアルなCG画面だって作れるはずです。
けれど、あえてセットで。あえてアナログ感バリバリで。あえてハリソン・フォードのアクションで。(いや、これはデチューンではないですね。ハリソンさんの役者魂ですね。)
監督も、前作までのコミック調な雰囲気を大事にしたい、と言っていたそうです。
その辺り、分かってらっしゃる、監督。

前に「ホワット・ライズ・ビニーズ」で見かけた、湖に走るハリソン氏の後姿に絶望したのですが、今回はアクションを意識してちゃんと準備されたんでしょうね。
そりゃあ昔ほどのキレはないとはいえ、立派に力強いアクションを披露してもらいました。

敵役のスパルコを演じていた、ケイト・ブランシェットも良かったです。
思いっきりコミカルなシーンでも冷静な表情を崩さずで、見ていて本当に可笑しかった。
広告のポスター絵はなんだか不細工だったのですが、登場した時はやはり陛下。お美しかったです。

ネタとしては、エリア51の倉庫に「聖櫃」が保管されているのが見えた、とか。(私は気がつかなかったのですが)
ジャングルでマット青年がなにやら通じ合っていたサルが、「失われた聖櫃」に出てきて、彼のお母さんであるマリーを監視していたサルと同じ(種類?)だったり、ヘビ嫌いも健在だったり。
なにより、「聖櫃」のヒロインの再登場って所が最大のネタですかね。

最後も爽やかに若者に後を譲るか、に見えて「まだ早い」とばかりにトレード・マークの帽子を取っていくインディの演出がニクイ。
続編も決まったそうなので、今度はもうちょっと凝ったストーリーにして下さい。







スポンサーサイト

テーマ : インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。