スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アノニマス

…コードギアスのレビューが進まないんですけどね。

某ラジオ番組経由で知った雑誌、コミックシルフの連載作品ですが、この度コミックが出ました。(シルフって、少女マンガに於けるガンガンみたいな傾向の雑誌ですよね。)
シルフの中ではこの作品が一番好きだったので、コミックに纏まったら買おうと思っていたのです。
雑誌が創刊してから2年未満?かなんかなので、シルフ自身が初コミックス化なのですが、第1弾の中に入っていてとっても嬉しかった。

大正時代のような架空の日本。
諜報組織の特殊機関にスパイ・暗殺者として所属する少年少女たち。
彼らは、感情も魂も必要とされず、ただ非情に任務を遂行するためだけに育てられる。
名前も持たない彼らは「アノニマス」~名無しのねずみと呼ばれていた。
冷徹にこなす任務の中で、彼らの中の無くしたと思われていた「心」が動き出す。


icon
icon アノニマス
icon
「1」と付いていないのが…2巻出ないのかしら。短編集だから?
しかし、どうやったらリンクの画像を小さく出来るのか…?
短編集なので、それぞれ主人公が違います。
共通しているのは組織と彼らのアノニマスとしての生い立ち。
親の顔も、どこで生まれたのか、どこから来たのかも、分からないこと。
気が付いたら組織の中にいて、日々訓練をこなしているということ。
どんな人間にも成りきれる様に、名前もないこと。
…そして、それが当たり前なこと。
そんな彼らが心を揺さぶられる瞬間の物語なんです。

こういうお話に弱いんですよね。大好きです。

まぁ、細かいことを言えば、諜報機関の目的とか敵対している組織とか、そういう背景の設定はちょっと弱めではあります。
なんとなく、こんな感じの時代っぽいからこんな感じの状況かなぁ、という感じで雰囲気で読んでいく形になるんですが、この物語のメインはスパイ物という面ではないので、その辺はツッコミなしで流してくださいな、という感じです。
けれども、組織の事が短く漠然と冷たく描かれているので、その中で展開される、ちょっと暖かいお話が生きているような気もします。
そういった意味では、組織の描写を思いっきり削いでいるのは成功しているのかな。

Anonymousというのは「匿名」と「名無し」という意味。まんま、といえばまんまですね。
スポンサーサイト

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。