スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく

今回は表紙からして絳攸のターンです。
紅家編らしいので、紅家の事情のいろいろがこれから出てくるんでしょうか。
アニメ「彩雲国物語2」では、最終回で(時期的な都合もあって)独りで力強く爽やかにケリをつけた宣言をしていた絳攸ですが、小説版ではウジウジ悩んでいます。
ある意味、楸瑛の場合よりも家族の存在は重いので仕方がない展開だとは思いますが。
なんといっても、楸瑛は本当の家族ですし藍家は直系の家族同士は仲良いですからね。

藍州から戻って来た秀麗、劉輝たちを待っていたのは、絳攸投獄の報だった。
身動きの取れない劉輝に代わって、絳攸の弁護を買って出る秀麗。
絳攸の裁判までに、秀麗は絳攸を救うに足る証拠をそろえる事ができるのか?


icon
icon彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく
icon
表紙に登場する秀麗が雄々しい気がするのは気のせいですか?
アニメの最終回時点(BS2)では、もちろんこの本は出ていなかったので「白虹は天をめざす」までで終わっていました。だから、絳攸も力強く「仕事は終わらせてきたぞ!」な~んて、言っていたわけなんですがね。
アニメ終盤はこれまでの出番の少なさを取り戻すかのように、楸瑛のターンでした。

藍州を舞台に秀麗たちが活躍していた裏で、描かれていない間の絳攸の消耗ぶりに驚きました。
邵可父さんの言う「逃げることは、もっと辛いでしょう。」っていう状態が極まっていたんでしょうけれど…
今回初めて挿絵に登場した楊修に驚きました。清雅よりも出来る人バリバリな感じの格好良い人で。
実際、絳攸に仕事を叩き込んだ人だったり、吏部侍郎になるはずの人だったり、バリバリ出来る人だったわけなんですが。
どこにでも混じれる人みたいな事を書いてなかったっけ?この人は混じれませんよ~
絳攸を追い落とす人だというので、清雅みたいな野心家な人なのかと思ったのですが、そうではない人でした。

最近、玉座をめぐった静かな戦いが展開されている彩雲国なので、誰が本当に味方なのか(もちろん劉輝にとって)、誰が本当に敵に回ってしまっているのかが分からない感じです。
楊修も実際にどうなのかはっきり分からないのですが、茶州編までと違って敵=悪という単純な構図では描かれていないので(そこがお話を深くさせてもいるのですが)、本当に判断が付きません。
けれども私利私欲だけで玉座を狙っていない勢力なのならば、そこに劉輝の逆転の機会も潜んでいるような気がします。
それを示すにしても、とにかく劉輝にとっては「時間がないのです」(byラクス・クライン)ってとこなんでしょうね。

あと気になるのは悠舜なんですが…それよりも静蘭の動きが気になります。
怪しい記述がそこここに出てきて、ただの有能尚書令ではない感じの悠舜ですが、静蘭が静観しているのに矛盾を感じます。フォローしている様な描写もあったりして…
悠舜が本当に敵方ならば絶対に何か手を打つはずなので、静蘭がなにもしないと言う事は、悠舜は劉輝の味方なのかな?
まぁ、フォローに関しては劉輝相手に言っていたことなんで、劉輝の余計な心配事をこれ以上増やしたくない、という線もありですけどね。
「静蘭の一番」で検索して来てくださる人がいらっしゃるんですが、秀麗よりも劉輝なのかな、と思わされますね。
秀麗が逞しくなってきた(のに静蘭が気が付いた)のもあるけれど、やっぱり長い間静蘭を支えてきたのは劉輝の存在だったんではないでしょうか。
小旋風なんで呼ばれて盗賊一味に使われていた時も、あのプライドの高い静蘭が生きていられたのは、生きていたのは劉輝の存在があったからなんじゃないかと思います。
追い落とされた王族の運命を誰よりも知っている、という事もあるでしょうけれど、劉輝のことは絶対に放っておけないんでしょうね。

悠舜の狙いとしては、本当に「王のために」動く官吏の選別をしようとしているのかな?とか思うのですがどうでしょうね。彩七家+標家の改革とか。
今回は彩七家をふるいに掛けてる?でも、結構ものすごい綱渡りなタイミングで仕掛けているような気がします。
…でも、「王様」が劉輝でなければ綱渡りなタイミングでもなかったりして。な~んて。

でも、シリアスな展開の中でやっぱりちゃんとクスリとさせてくれる、彩雲国。
無職の楸瑛がゲットした職が、静蘭の部下というのが本当におかしかった。
劉輝のために動こうと思ったら、考えようによっては良い上司ではあるんでしょうけれど、通常業務は絶対に免除してくれないでしょうね、静蘭は。
そして、静蘭の劉輝以外に対する鬼畜ぶりが劉輝にしっかりバレていたりするところとか。

続きを早く…と思いますけれれど、作者の後書きを見ると「無理しないで下さい」と言いたくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 角川ビーンズ文庫
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

静蘭が秀麗秀麗しなくなったのが、なんだかさみし><。
劉輝と十三姫。。。案外思った以上にお似合いだわっw(☆o▽)w。。。とか思ってみたりとか;;
ところで。。。
今回一番孤独だったのは、実は清雅ですよねっ(*'-')
清雅がんばれっ!!!
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。