スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しゃべれども しゃべれども」を見ました。

落語ブームと言われる昨今、かくいう私も朝ドラの「ちりとてちん」を熱心に見たりしておりました。
そんな訳で、借りて来てみました。
友人から「ライラの冒険」が上がってないじゃないか、というツッコミも受けたんですが…
作中で、落語の小屋は東京に4つしかない、というナレーションがあったりするんですが、大阪には繁昌亭の1つしかないってことか~なんて思いながら見ました。
そりゃ、上方落語界の悲願だって言われますよね。

うだつの上がらない落語家、今昔亭三つ葉は師匠に付いて行った「現代話し方講座」で、師匠のどんな話を聞いても仏頂面を崩さなかった一人の女性、十河五月に出会う。
ひょんなことから開く事になった三つ葉の落語教室に、無愛想で口下手な五月と、関西弁のために転入した小学校で馴染めない少年、村林優、そして毒舌のくせにしゃべり下手で解説を降ろされかけている、元プロ野球選手の湯河原太一が集まってきたのだった。

確か主演の国分太一くんは三つ葉役で何か賞をもらっていたような…
無愛想な五月に香里奈、湯河原に松重豊、三つ葉の祖母・春子に八千草薫。
師匠の今昔亭小三文役は、伊東四朗。

この映画を見て一番感じたのは、伊東四朗さんのしゃべりの上手さ。
なんていうか「芸」のある喋りってこれなのかなぁ、と感じさせられました。
じわっと面白い映画でしたね。
まず三つ葉なんですが、序盤の落語が落語を聞かない私でもはっきりと「まずい」と思える代物でした。
え?確か国分くん落語の稽古頑張ったって言ってたよね?と思いました。
普段から着物で暮らして、新作落語はせずに頑なに古典落語しかしない三つ葉なんですが、それにしてはちょっと下手すぎなんじゃ…と思ってしまいました。
アレくらいじゃないと分かりにくいからなんでしょうか。

そんな三つ葉の落語教室に、口下手で人付き合いが上手く行かないという3人が集まるということで、落語を習うことで何か変化が起こるのだなぁ、という展開を想像して見て行ってしまいました。
けれどもそうやって落語を通して、という所を中心に見ていってしまうとちょっと弱い感じがするんですよね。
やっぱりこの映画は、五月との恋愛が絡んだ三つ葉の成長物語なんでしょう。

落語で変わる、というか自分を取り戻していくのは関西少年の村林くんだけでした。
他人を笑わせて自信を取り戻すっていうのは、関西人らしいメンタリティなのかもしれません。
でも、彼が披露したのは桂枝雀師匠のビデオから覚えた「饅頭こわい」だったので、正確には江戸落語ではない?全編関西弁で演じていましたし。
村林くん役の男の子の普段の関西弁のしゃべりは、子役~って感じでした。ドラマにありがちな「関西弁のうるさい生意気な子」なイメージそのままのしゃべりって感じ。
でも「饅頭こわい」は見事でしたね。
多分、子供が背伸びして落語をする感じとハマッたんでしょう。

湯河原の落語の稽古シーンはありましたっけ?
そんなシーンはほとんどありませんでしたよね。
彼が出した結論はちょっと意外でしたが…らしく生きられる所は解説ではなかったということなんですね。

五月は覚えるのが早いという特技があって、それがラストに生きていて良かったです。
これまた、落語に関してはそれ以外にあまり描写がないのですが、その特技から一度聞いただけの話を披露した時にはもの凄い一本調子な語りだったので、描かれない所で稽古していたんでしょう。

という感じで、3人に関しては落語教室でこういうことがあって…という描写が乏しいんです。
同じような悩みを抱える仲間が集まる居心地のいい空間で、そんな仲間を客観的に見ることが出来て何かが変わったってこと…のかな?
他人の良い所ってよく分かったりするでしょう。

だから結局この映画は三つ葉の話なんでしょう。
何かどこか肩に力が入って「落語家で御座い~」と生きてる様な三つ葉が、殻を打ち破る様子を、肩に力を入れずに見る感じの映画なんでしょうね。

三つ葉の祖母役の八千草薫が本当によかったです。
上品で粋でっていう良いお婆さんでした。


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。