スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オール・ザ・キングスメン」を見ました。

なんとなく借りて来た「オール・ザ・キングスメン」。
ション・ペンとジュード・ロウが出てるので、なんとなく…顔合わせが良いかしら~なんて。

微妙な口調で始まってるので分かるように、なんか微妙…
アンソニー・ホプキンスも出てるのに、ケイト・ウィンスレットも出てるのに、なんか普通。
もっと、なんかがっつり深いドラマが展開できたんじゃないか?っていう印象がぬぐえません。
政治ドラマ…なんでしょうかね。

YAHOOの解説によると(と、他人に頼る)原作はピューリッツァー賞に輝いた小説「すべての王の臣」というものだそうです。1949年にも映画化された名作のようです。

実直な市の出納係であったウィリー・スタークは、小学校の校舎建設に絡んだ収賄事件を糾弾したために職を失ってしまう。
そんな彼の所に、州知事選への出馬の話が持ち込まれる。
選挙活動に励む彼に、新聞記者のジャック・バーデンは忠告する。「当選する事はない、利用されているだけだ」と。
その瞬間がウィリーの人生が変わった瞬間だった。
彼は利用される側から利用する側へ行くことを決意し、低所得者層をたきつけ見事州知事選で勝利するのだった。
ウィリーの選挙戦を追っていたジャックは、いつしか彼の政治活動に深く関わって行くようになる。

…なんか、全てが唐突な気がしたのですが、私の読解力が不足しているのでしょうか。
まずショーン・ペンが演じるウィリーなのですが、州知事選に出た頃は実直で普通な、政治の腐敗に怒りをもっている男が、知事になってからは汚職や賄賂に手を染める、立派な政治家になってしまいます。
分かりにくいのですが、知事である彼が車でどこかに向かっているシーンから始まって、次のシーンからジュード・ロウ演じるジャックの回想へ入ります。
ここがまず唐突で、現在と過去の比較ならば、もっと悪徳政治家になったウィリーを印象的に描いてから過去の実直(ショーン・ペンがいまいち実直に見えないのは置いといて)な彼を描いた方が分かりやすかったのではないかと思ってしまいます。
理解するのにちょっと苦労しました。

ジャックの方は、腐敗した政治の世界に怒りを持ったウィリーのエネルギーに惹かれたのだろうと思います。彼自身は裕福な家の出で、正確にはウィリーの支持者層とは違うので、世界が大きく変わるのを近くで見たかったのか、と言う気がします。
ジャーナリストとして野心があった、ともあまり思えなかったので。
その後、どんどんウィリーの政治活動に巻き込まれていって、ジャック自身も色々なものをうしなうことになる。どうしてこんな事になったのか…
そのあたりの絶望というか虚しさというか、それが多分この映画の核なんだと思うのですが、ただ、それもウィリーの知事になる前と後との落差がなんか中途半端なので、ガツンと伝わってこないというか。
もっとそのあたりの印象が強ければ、ジャックの虚しさの深さももっと出たのではないかと思われるので残念です。

ショーン・ペンが知事になってから、新病院設立のためにする演説のシーン。
あの迫力は力強く、素晴らしかったです。
なので、ウィリーがなぜ大衆から人気があり知事になったのか、あり続けていられるのか、その辺は全く不自然さはありませんでした。
…ちょっと演説にヒットラー臭い空気がありますけど、わざとかも知れませんね。
似た経過でのし上がってる感があるので。
とはいえ、ショーン・ペンはこういう裏があって底が知れない感じの役は本当に上手ですよね。
だから、実直だったはずの出納係時代の事がさらに薄れてしまうというか…

役者もそれぞれ説得力があって良いのに、なんか残念な感じの映画でした。
前に映画化しているっていうのを、意識しすぎてるんじゃないかっていう気がします。



スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。