スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グッド・シェパード」を見に行きました。

私が見たいとわがままを言い、珍しく友人たちの反対意見もなく見に行くことになりました。
…暗そうな映画だったのに。
いや私は暗い映画は好きなのですが…もっと暗い映画が好きな友達もいるのですが…
基本的に大きな画面で見た方が楽しそう、という基準で見に行ってたりもするのです。
暗い映画は、一人で暗く部屋でじとっと見るのもいいのです。夜中に。

映画としてはCIAの立ち上げに巻き込まれてしまった男の話。
野心もあったんじゃないかと思われるのですが、マット・デイモンが憂鬱そうに演じているので、流された河が抜けることを許さない河だったのが悪かった、というお話になっておりました。
私は日本史しかちゃんと勉強していないので、コンゴ動乱だのキューバ危機だのは名前と薄らぼんやりとしたイメージくらいの知識しか持ってなかったからか、話の向かう先がハッキリするまでは正直眠さに負けそうな瞬間が多々ありました。
ラストに向かって、パタパタとピースがはまっていく様は見事でした。
終わってみたら167分という長さだったことに驚きました。
知らない間に映画の中に引き込まれていたみたいです。

フラッシュバックの様に場面が過去に行ったり、現在に戻ったりした映画だったのですが…
マット・デイモンが全然老けられてないじゃないかっ!
おかげで、過去なのか現在なのか分かりにくかったです。
奥さん役のアンジェリーナ・ジョリーは、過去ではものすっごいブリッコ演技でしたがどうしてもなんか迫力があって、いつガーターベルトからピストルが出てくるのかしら?と、ついつい思ってしまいました。

マット演じる主人公のエドワードはCIAのエージェントなんですが、ジャック・バウワーの様に派手派手なエージェントではなく、本当に地味にコツコツ諜報活動をしてるリアルなエージェントでした。
本当は信頼と安心を手に入れたいと願っているのに、その有能さのおかげでどんどん反対の、孤独な世界へ歩いて行かねばならないという皮肉な運命を生きるお話でした。
スパイをやるって、本当に一分の隙も他人に見せてはいけないのねっ、と骨身に染みさせてくれる映画でした。
全体的に淡々と話が進んでいく映画だし、エドワードもギラギラした感じがしないので、引き返せない道とはいえどうしてそこまでするのか?と思ってしまいます。
「アメリカ人は『合衆国』によって繋がっているのだ。所詮イタリア系だのアイルランド系だのは観光客でしかない。」という言葉(ちょっともうあやふやです)と、信頼していた父親の自殺、この二つが彼を上へ上へ押し上げていったのではないかと思ったのですが、そんな風に単純に言い切れない所が、この映画の空気感とも言いましょうか。
「良き羊飼いは、羊のために命を投げ出します。」という聖書の言葉からとられた、映画タイトル「グッド・シェパード」。
ラストシーン、CIAの廊下を歩く重職に登りつめた人間とは思えないエドワードの小さい背中が、失くしたものの大きさと、歩く道の虚しさの全てを物語っていたように思えました。
見終わった後には、なんとも言えない気持ちになりました。
ものすごく虚しいのですが、見なければ良かったとは思わない映画でした。

私は「インファナル・アフェア3」にこんな話を期待していたのですよ!!
アンディ・ラウは、あんな風に訳が分からなくなって死んでしまったりせずに、こんな風にド修羅の道を歩いていって欲しかったのです。
もう、生き地獄をね、虚しく苦しみながら歩いていって欲しかったのですよ。
最期までね。
そしたら本当に、3部作まとめて名作だって言えたと思うんだけどなぁ。

スポンサーサイト

テーマ : グッド・シェパード
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グッド・シェパード 【称号:凡作】

第二次世界大戦中、軍の諜報部隊に所属したエドワードは、終戦後に創設されたCIA

グッド・シェパード

迷走気味なあたしの疑問。・・・・・疑問に思う前提の理解が間違ってるかもしれない、考えても答えの出ないあたしの小さな疑問。(かなりネタバレあり)

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。