スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新世紀ヱヴァンゲリオン新劇場版:序」を見てきました!

見れましたよ!心斎橋で夜の9時からね。6時半に整理券もらいに行ってね。

梅田のレディースデイは大変な事態だったんだですよ。
朝9:55の回から立ち見って、その後延々終日立ち見って、
だから大きい所でやってよっっ!もっといろんな所でやってよっっ!
ていうか、9月なのに誰が朝から映画館に詰め掛けてんのさ。主婦ですか?学生ですか?
1時台と3時台の回なんて売り切れだよ。

仕事の合間に、シネ・リーブル梅田のHPの速報をチェックしていたんですが(社会人失格だね)、梅田にしようかなんて迷う暇もなく、心斎橋にGOでした。

夜9時始まりのレイトショーとは思えない様な、賑わいのシネマート心斎橋。
アジア映画専門館になったシネマートで、ヱヴァグッズが浮きまくってました…
そしてパンフレットは初日で完売。
パンフは欲しかったなぁ…見た後では倍思いました。

お話自体はTV版6話までと同じで、大きく変更はなしでした。
印象的だったのは、ゲンドウがレイをTV版より道具扱いしてる風な事を言ってたシーンでした。
TV版ではレイに対しては執着してた碇パパなのに、今回はクールに「今度、(シンジに)レイを接近させよう」とか言ってるし。
ディープなファンは大騒ぎって感じの劇場版になってる気がします。
表面上はあまり変わってない様に見せて、知らない所で大きな変化へ着々と連れて行かれてそうな感じがしました。
話題になってたから、ということで「ふ~ん」という感じでTV版を見ていた人には、「同じじゃん!」と不評かもしれないですね。
後は、自分の目線の変化が大きかったかな。
TV放映時も、子供だなんて言ったら殴られるような年だった訳なんですが、結構シンジ目線で見てました。
今回劇場版はミサト寄りで見ていましたね。
そうやってシンジ君は「大人はっ」って責めるけど、大人も大人で大変なのよ、あんなのと戦うのなんか一杯一杯だよ、きっと毎回ドキドキなんだよ、ってね。

では当然、以下ネタバレありで。
まずネルフマークが新しくなってる、っていうことなんですが、シーン毎に所々前のマークになってたりしたような…
絵もTV版の絵は使ってません、って大月プロデューサーがインタビューで答えてましたが、「そのまま」は使ってないって事なのかなぁ。
見た感じTV版の絵は使われていた気がするんですけどね。
でも「Ζガンダム」ほどは新旧の絵に違和感はありませんでした。
まぁ「Ζ」ほど古い作品でもないから、かもですが。
絵的には、ネルフ本部が細かくバージョンアップ。
外見はTV版と同じくピラミッドなんですが、外側を優先して完成させて、中部はまだまだっていうシーンが入ってました。
ヱヴァには金が懸かるそうです。
完成してる所はTV版よりもバージョンアップされてました。エレベーターのあのカウントしていくメーターもさり気なくバージョンアップ。
ロボット物でロボット以外のメカ関係を印象的に細かく描いたのって、エヴァが初めてだったなぁ、と改めて思いました。

第3新東京市のバージョンアップは、とんでもなかったですよ。
ビルがニョキニョキ生えて来るシーンなんて、本当に凄い。
でも、凄いっていう前評判が聞こえて来過ぎてたっていうのもあって、驚きが少なくなったんじゃないかっていう気がしました。

話の流れは本当に一緒なんですが、若干シンジが逞しいめ?
もっとTV版はウジウジウジウジしてた様な気がするんですが、結構言いたい事を言うなぁ、というか。
トウジとの仲直りのシーンが新しくなってたんですが、あのシーンはTV版のシンジだと殴り返さないんじゃないかなぁ、と。
でも相変わらずSDATを聞いていて、ちょっと嬉しかったです。なんかiPODとか聞いてたら、ちょっと残念だったかもしれない…
シンジがしつこくリピートしてる25・26曲目が気になります。

レイは出番が…元からあんまり喋らないし…
印象は薄めになってたんじゃないかな。初めて見た人は何でそんなに人気キャラなのか、分からないかも。
例の笑顔はTV版と旧劇場版の中間みたいな顔になってました。
まぁ、あの旧劇場版はキラキラしすぎってことかな。
初号機にレイを乗せるのは危険じゃないのかっていう、冬月のセリフが追加されてました。

色々な液体の色が赤に変更されてました。
海の色、ヱヴァがドックで浸かってる液体の色、コクピットのLCLの色、零号機を固定したベイクライトの色…
使徒も撃破されると形状を保てない、ということで血液のような赤い液体を撒き散らして破裂していました。
どうも赤い液体っていうと、旧劇場版のみんなが溶けちゃった海の色を思い出すんですけどね。
人類補完計画も17次計画から27次計画に変更とか、色々変更されていてドキドキします。
新劇場版の世界では、15年前からペンギンもいないみたいですし…

話題になってたアンチキショウ=カヲルも出てきました。
最後の最後で…
何やらTV版との関連を匂わせるようなセリフを、いつもの様に意味深に吐いてましたよ。
立ち見の女の子達が「もう、悲鳴上げそうだった~」と言っていました。
ありがとう、上げないでくれて。ていうか、そんなに好きかヤツのことが。
私はシンジ君の幸せを放送当時から願っていたので、カヲルは気に食わないんですよ。どうしても。

続編は2008年…のいつか明言されてないあたり。
早く続きを見せてくれるといいなぁ。
そうそう、アイキャッチがちゃんと入ってたのは嬉しかったです。
スポンサーサイト

テーマ : 新劇場版新世紀ヱヴァンゲリヲン・序
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。