スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影の王国シリーズ

ずいぶん前に発売されたモノを、何を今更…という感じではありますが、実は「コードギアス 反逆のルルーシュ」を見たときに思い出したシリーズであったりします。
いや、主人公のヒネクレ具合というか、性悪具合というか。
親子関係の寒々しさ、というか。
そんな所から思い出したのですが、読んでみると(というか、ギアスも25話まで見たし…)当然ながら、まぁ、違いますね。
性悪具合はルルの方が上ですね。同じ様に過酷な運命を背負ってても、逃げ切ることを第一にしてきた人と、反逆の計画を練ってた(の割にはズサンなような)人とでは違うのでしょう。
月哉君は父上に命も狙われていたしね。(ていうか、ルルーシュは父上には無視状態だったか…)

この作者だと、「龍と魔法使い」に代表される(だよね)守龍ワールドの話の方が有名で人気があるんでしょうけれど、この「影の王国」シリーズの持つダークな世界観が私は好きでした。

女子高生、須藤瞳の世界は一変してしまった。
道端に茂る白い蔦、隣人の持つ二つの目の獣の姿の影、他人には見えないモノが見えるようになってしまったのだった。
赤い満月を見てしまった夜から、母親にあれほど見てはいけないと言われていた、恐ろしい月を見てしまってから。
平凡で印象の薄いクラスメイト、渡会月哉のもう1つの顔を瞳が見つけた事で、瞳とそして月哉の運命は決まっていたのかもしれない。
町ではペットが次々と姿を消し、そして男子高校生が行方不明になるという事件が起こるのだった。


icon
iconブルー・ムーン
icon
実はこれは本編最終巻だったりします。ページに飛ぶとネタバレなあらすじがあったりする危険があります。
でも、他の巻は表紙の画像が荒いんですよね(出たのが昔だから…?)…
第1巻は「ピジョン・ブラッド」です。

第1巻にて学園ホラーと銘打たれていますが、まずホラーがファンタジーになり、学園が異世界になりしていきます。
最終的には異世界ファンタジーになって、その異世界の成り立ちに係わるようなお話に。
成り立ちとは言っても、壮大な感じではありません。でも、ちょっと複雑で成程と思わせてくれます。
ホラーな名残でこの異世界が、ちょっと弱肉強食で血なまぐさい所もあったりするんですが、第1巻で地獄かのように描かれたのに比べると見ると聞くとでは大違いって所なんでしょうか。
もしかしたら、わざと恐ろしげに語っているのかもしれないですね。(なんて後付っぽく納得してみたりして)

ストーリーを引っ張るのは、元気でしっかり者のヒロイン瞳です。
この瞳に比べて、月哉の慎重な事、慎重な事。
なんせ、序盤の口癖が「僕には関係ない。」ですからね。
もう、ヒーロー失格です。
でも結構ギリギリに助けにご登場、な所はある意味ヒーローらしいといえない事もないのかしら。
まぁ、必殺「僕には関係ない」を発動させても、瞳が怒ってかえって突っ走ったりしてしまうので、通用しないんですけどね。
だんだん瞳に感化されてか、月哉も逃げるばかりじゃいけないことに気付くのですけどね。独りで戦っているのではないことも。

そして月哉の異母兄弟の月留というキャラクターも出てくるのですが、巻を重ねるにつれ彼がどんどん健気に不憫になっていくのですよ。
性悪な兄弟を持つと、本当に苦労するね。
あの異常な環境でどうしてここまで真っ直ぐに育てたのか、これは1つの奇跡なんではないかと…(いや、言い過ぎか)
とりあえず彼の救済は番外編にて。
本編ではアクの強い家族に食われてしまって、臼井影郎なので。
お友達になるのなら、断然月留ですよ。いい子です。

ネタばれしないように、と気をつけると、どうも通り一遍のことしか書けないですね。
ところで、人見の巫女という人がこのお話で出てくるのですが、この巫女がC.C.のイメージだったんですよ。
…このイメージが当たってんだか当たってないのか、判断できるほどC.C.の秘密も明かされませんでしたね、コードギアス。あはは…
意味深に会話をしていたのが「マリアンヌ」だったって事だけ分かりましたけど。


スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。