スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恋のドレスと硝子のドールハウス」

何となく買っているこのシリーズ。
主人公の仕立て屋のクリスが作るドレスを中心に展開される、ロマティック・ミステリーとでも言えばいいのでしょうか。
そう、考えてみればミステリーなんですよね。謎解きではあるんですから…

クリスは親友のパメラと、ロンドン郊外で小さな仕立屋「薔薇色」を営む引っ込み思案で地味な少女。彼女の作るドレスが「恋を叶える」と評判で、お金持ちの令嬢ご婦人方からの注文が途切れることなく舞い込んでいる。
クリスはただ着る人の魅力を最大限に引き出すように、ドレスを作っているだけで、その結果恋が叶ったりしているだけだ、と言うのだったが…
ということで、このシリーズはこの「薔薇色」のドレスと対極の着る人を不幸にする「闇のドレス」というドレスに毎回クリスが対抗するお話と言ってもいいでしょう。
そのクリスが気になって仕方がない、ハクスリー侯爵の息子シャーロックが絡んで、クリスの閉ざしていた心にも動きが…といった感じです。


icon
icon恋のドレスと硝子のドールハウス
icon
大人しいクリスが毎回どうやって「闇のドレス」に立ち向かうのか、ハラハラしながら見守っています。
これで6巻めです。1巻完結なので、ちょっとすっ飛ばしても読める手軽さがいいです。探して走り回らなくていいから…
この巻の前の巻「恋のドレスは明日への切符」が結構重い感じのお話だったので、今回はちょっと明るいラストが見れて良かったです。
まぁ、クリスにしたら「闇のドレス」と共に自分の過去から顔を背けることができない所に来た、という感じで明るくはないのですが…
次また、どーんと暗くなってるんだろうなぁ、クリスは。
さて、クリスへの想いを自覚したシャーロックではあるんですが、身分(階級)の違いがネックになってますね。
どこかの胡散臭い妖精伯爵と違って、彼は真っ当な貴族の跡取りですから、彼がどういう結末を選ぶのか、非常に気になっています。
クリスの方も身分の差を乗り越えても…っていうような積極的な感じではないし…

ということで、胡散臭い妖精伯爵・エドガーとフェアリードクター・リディアの話↓

icon
icon伯爵と妖精 ロンドン橋に星は灯る
icon

ところで、胡散臭いエセ伯爵エドガーもシャーロックもヴィクトリア朝の貴族なんですよね。まぁ、ヴィクトリア時代は長いんですけど。
この「恋のドレス」シリーズではシャーロックが自動車に乗っているので、「伯爵と妖精」シリーズよりも時代は下るんだと思うのですが、仮に同じ時代の社交界で二人が出会ってもきっと相容れないだろうなぁ、なんて思います。
多分お互いのコンプレックスを刺激し合って、仲良く出来ないんじゃないんでしょうか。
シャーロックにしたら、エドガーなんていきなり現れた妖精界に領地を持ってるような胡散臭い伯爵だし、自分と変わらない年で伯爵家を取り仕切る力を持っていて、一人前の貴族としてちゃんと認められてるっていう所は、完全に負けてる訳だし。
エドガーにしたら、仮に自分が誘拐されなかったらっていう未来図がシャーロックな訳だから、あまり気に入らないんじゃないかと思うのですよ。苦労知らずなところがエドガーの癇にさわりそう。
…エドガーのイジリ癖が出そうですね。シャーロックには迷惑な話ですが。嫌われてるの知ってて、わざとちょっかい掛けに行きそう…
でもエドガーに頼めばクリスの素性くらい、いくらでも捏造してくれそうですけどね。



スポンサーサイト

テーマ : コバルト ・ コバルト文庫
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「恋のドレスと硝子のドールハウス」 青木 祐子

おお?だいぶん、展開してきましたよねっw(◎o◎)wしかし。。。ヒロインの恋は実るのかしら?ぅぅ、現状では、彼らの時代の現状が邪魔して実らない気が。。。実っても、不倫とか、とりあえず、正式なお付き合

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。