スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ少年陰陽師が終わったね。

窮奇編・風音編と銘打っていたので、最終回の行方が気になっていたのですが、本当にジャスト「風音編」で終わりました。
…ていうか、原作の風音編を読んだ後、続きが気になって仕方がなくて「天弧編」の第一巻「真紅の空を駆け上がれ」を探して走り回ったんですよ、私は。
「風音編」の最後というと、道反の封印絡みの事件は解決するんですが、昌浩と紅蓮の関係は元には戻ってないんですよね。
紅蓮は昌浩を見て「あれは誰だ?」とか言ってるし。
「コードギアス」ではないですが、こちらも最終回としては収まりの悪い所で終わってるような気がします。
続きを何らかの形で出す予定があるんでしょうか。
個人的には次の巻が呼んでて一番辛くて、その分ラストがとってもジーンと来て好きな巻なんで、TVはここまでやって欲しかったな。

でも希望を言うと、もう少し作画を頑張って頂きたかったなぁ、と。
特に、風音。
なんか、ものすごくゴツくなかったですか?二の腕とか…
顔も怖いときが多かったし。
あと、烏帽子を被った時の昌浩の顔の両横の髪が鬱陶しいのが気になりました。
なんか烏帽子で押さえられて、べちゃっと顔にひっついてそうで、見ていて「い~っ!」とかゆくなりそうでしたよ。

正直ちょっと作画が残念な事が多かったアニメではあったんですが、小説では詳しく描かれなかった十二神将が戦ってる姿とかが見れたり、原作を読んでるからこそ楽しかったりした所もありました。

黄泉の屍鬼を倒すために紅蓮を殺す事を決意した昌浩に、勾陣が渡した朱雀の大剣が想像以上にデカイとか。
っていうか、なんか大きいまんまで昌浩の目の前にドカッとブッ刺して行くと思って読んでなかったので、アニメを見て驚きました。
もう少し朱雀の大剣がデカかったら、昌浩の手が剣の柄に届かなくって大変だったんじゃないの?っていうくらいデカイんですもの。
背伸びして、柄に手を伸ばしていたし…
…そして最終話。大きいまんま昌浩がずるずる朱雀の大剣を引きずって来た時には、笑うところではとてもないんだけれど、笑っちゃいました。(昌浩が覚悟を決めて、神殺しの炎が宿るとちゃんと小さくなりましたが…)
ちゃんと間に合ってよかったね、昌浩。

でも、やっぱり紅蓮を昌浩が辛そうに刺した時にはちょっと泣けました。(原作やドラマCDで免疫は出来ていたので、ちょっとだけね。)
さらに泣かせる若じい様の「こんなお願いは聞きたくはなかったよ。」っていうセリフ。(これも免疫は出来ていましたが)

じい様といえば、若い時の清明と榎斎との原作にない交流が描かれていたりして、じい様の辛さもより伝わりましたね。
そして意外と斎が爽やか青年であったのにも、ちょっと驚き。
まぁ、あれくらい爽やかでデキル奴っぽいナイスガイでないと晴明の友達は出来ないのかも。
生きていれば晴明よりも先に出世したかもね。

TVアニメのラストは昌浩が彰子を貴船に蛍を見に連れて行っているシーンでした。
原作の昌浩よりも先に、アニメの昌浩は彰子との約束を果たすことができた訳ですね。
原作の彰子は……まだまだ蛍どころではないですね…(それとも、私の読んでない短編とかで実現してるのかなぁ)



スポンサーサイト

テーマ : 少年陰陽師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

正直、半年ではきつい展開でした

お邪魔します。

 ホタルのシーンはちょっと無理やりでしたね。原作でも短編でも果たされておりません。おそらくは、いつになるかわからない、本当の完結編までお預けではないかと個人的には思っております。あと何年続くかわかりませんが・・(現在18巻{珂神編4巻、次刊7月発売が珂神編完結}そのあとのお話がすでに短編で雑誌にありますから、新シリーズが作られることは間違い無く・・・またそれだけで2年はかかりそうで・・・おもしろいけど、長い!遠い!!

ありがとうございます。

うぬぬ。
やっぱり、まだ彰子は蛍はを見れていないのですね。
「あれは誰だ?」状態の紅蓮の救済策なんでしょうけど、本当に蛍のシーンは唐突でしたね。
天弧の二人を出す訳にはいかないから、とはいえ、あれで「終わり」っていうのはちょっと残念です。
ところで、これからの怒涛の「少年陰陽師」(+篁さん)発行物を集めると、なにやらキャンペーンがあるらしいですね。
短編がコンプリートできる、という噂があるんですが…

短編といいますか

 再びお邪魔します。

 キャンペーンに乗っかって?コンプリートされる短編というのは、原作者さまが同人誌として出してらしたパラレル小説なんだそうで。公式HPのスペシャルにあるような、現代版ストーリーとか平安パラレルもあるとか・・・。

 その同人誌は、アニメ化で人気も更にアップで、オークションで高値で取引されているものが何冊もあって、読みたくても読めないという読者が多く、それら作品をなんとか希望者のもとへ・・・という大サービスの企画らしいです。今までに高値で買っていた人達からは多少ブーイングがあるらしいですが・・・私自身も読みたいと思っていたので、乗っかるつもりです。ただ、篁さんは未読のシリーズなので、そのために買わされるのは少々不本意なんですけどね。

またまた、ありがとうございます。

詳しい情報ありがとうございます。
成程そういうことだったのですね。
篁シリーズは全部揃ってた本屋が改装工事に入ってしまって、結局買いそびれてしまっていて、私も読んでいないのですよ。
こうなったら、シリーズの新刊も、くるくる踊って買ってしまうでしょうけどね…
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。