スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラブ☆コン」を見ました

漫画の連載も終わって(番外編が1冊分あるらしいけれど)ちょっと寂しかったので、映画版を借りてみました。
面白かったです。
原作の一番ハイテンションな所に合わせて、演出と構成をしてる感じがしました。なので、マンガちっくな演出が多かったですね。
でも全体的に可愛く楽しく仕上がってました。
舞竹センセイの「ヨロシQUEEN」も見てしまったけど…
本当は舞竹センセイことマイティはギャグは飛ばさないんだけどなぁ。

背が高い事を悩む小泉リサに、藤澤恵麻
背が低い事を悩む大谷敦士に、小池徹平
ステキなマイティに、谷原章介
リサの親友、ノブちゃんに玉置成実

脇に、温水洋一、田中要士、寺島進、と個性的な役者が出ています。
特別出演で、本物のオール阪神・巨人も出ています。

背の高い小泉リサと背の低い大谷敦士は、お互いに「気が合わない」と主張しているが、その息の合った口げんかの様子から、舞戸学園のオール阪神・巨人と呼ばれている。
良い口げんか友達だった二人の間に大きな変化が起こったのは、ある年のクリスマスだった。


icon
iconラブ★コン  16
icon

本編はこの16巻で完結です。
4月からはアニメにもなりますよ。大阪ではMBSですね。
映画のリンク貼れよって…







原作のマンガは全編関西弁。
映画ではどうなるのか、と思っていましたが、小池徹平君は関西人。玉置成実ちゃんも関西人。藤澤恵麻ちゃんは分からないのですが、よくしゃべる主要人物は関西人だったので、あまり不自然な関西弁はなかったですね。(そういう意味では今度始まるアニメが心配…)

マンガと違ったところは、担任の先生が明らかにカツラがチョンバレの臼井先生(温水洋一)だったり、リサの兄弟が弟ではなく姉(南海キャンディーズのしずちゃん)だったりしていたところ。
ストーリーは原作の最初から、大谷とマイティのバスケ対決の後「小泉がおらんとあかんなぁ。」まででした。
だから全体的にとても駆け足だったのですが、ドタバタおもちゃ箱みたいなカラーの映画なので、駆け足でも気にならない。
そうそう、映画ではリサは居眠りすることもなく、ちゃんと大谷の告白を聞いてました。
リサも大谷もマンガよりも、可愛い感じな二人になってました。
リサが特にオトメになってましたね。
鈴木くんは原作よりもさらにギャグキャラに…
…原作マンガが本気で好きなら、見ない方がいいのかも知れませんね。鈴木君に関しては…
ノブちゃん役の玉置成実も結構上手でした。
ガンダムの歌を歌ってる姿しか見たことがなかったので、驚きでした。
ノブちゃんは気風の良いお姉ちゃんになってました。
リサがオトメ度が上がった分、とってもノブちゃんが頼り甲斐がある感じで、これはこれで良いコンビでした。

でも、何よりも海坊主ですよ。
寺島進さんの海坊主がサイコーでした。
カラオケの場面1シーンにしか出てこないのが本当に残念でした。
あぁ~、もっと海坊主が見たかった~。修学旅行先でも出てきて欲しかった~。
海坊主のCD出ないだろうか…




スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラブ★コンがアニメ化! 

ラブ★コンがアニメ化! 中原アヤさんの人気漫画「ラブ★コン」がアニメ化されることになったそうです。4月7日から毎週土曜日午後5時半からTBS系で放送されます。 「ラブ★コン」は、愛読書でもある別冊マーガレットで連載されています。内容は身長170センチ...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。