スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真珠の耳飾の少女

「真珠の耳飾の少女」といえば名画と名高いフェルメールの肖像画なのですが、この映画はいかにしてこの絵が描かれたのかというお話です。フェルメール自身が謎に包まれた画家なので、この名画のモデルも描かれた過程も知られていない。なのでこのお話もフィクションなのですが、もしかしたらこんなことがあったのかも、と思わされるような映画でした。

タイル職人だった父親の目が見えなくなったため、貧しい家の少女グリートは家計のために召使いとして働きに出なければならなくになる。
画家のフェルメールの下で召使いとして働くことになったグリートは、そのうちに優れた色彩感覚と芸術的センスを見せ、そのことからフェルメールの助手としても働くことになってしまう。
そして彼女の運命は大きく変わってしまうことになる。

グリートはスカーレット・ヨハンソン、フェルメールはコリン・ファースが演じています。

運命が変わってしまう、なんて書くとドラマチックなのですが本編は淡々と進んでいきます。召使いとしてやって来たはずのグリートは絵のモデルをすることになってしまうのですが、出来事は本当に静かな生活の中で起こっていくのです。

家のためにお金を稼がなければいけないのはグリートもフェルメールも変わらないという現実があって、寡作なフェルメールはそのギャップに苦しむ、という画家によくあるジレンマをフェルメールも抱えていたようです。お金のために絵を描くことを急かす母親や絵に興味を示さない妻。そんな中で周りを拒絶するような静けさで生きているフェルメールは、優れた芸術的感覚を見せる召使いの少女グリートに会って初めて自分の世界を共有できる喜びを感じたのではないでしょうか。
と、なんとなくフェルメール側の心情を推察してしまうのは、グリートもフェルメールもお互いに恋愛めいた接触は一切しないのです。グリートの方はそういう期待も持つようになっていくのだけれど、フェルメールはそれをあえて無視していたというか、自分の気持ちも抑えていた節があるんです。
グリートの気持ちも伝わってなかった訳ではないので、なぜなのか考えてしまうのですよ。
なんというかフェルメールはグリートのセンスも含めた心を愛していたので、肉体的結びつきでその心の有りようが変わるのが怖かったのではないかと思うのです。どう変わるのかは誰にも分からないのだけど、初めて自分の世界を共有できた人が変わることがフェルメールは怖かったのではないか。

でもこの映画はフェルメールの絵を見たか見ていないかで評価が変わるのではないかと思います。
絵を見ていない人にとってはどうってことのない地味な映画になってしまうのかも。
絵を見た人なら映画の中のフェルメールのアトリエを見たらきっと驚くと思います。本当に絵のイメージそのままで、ここで絵が描かれたとすんなり信じることが出来ます。
私は大阪でやっていた展覧会でフェルメールの絵を見たことがあったので、グリートがアトリエの窓を拭くシーンは声を上げましたよ。

関係ないですが、会社の友達にこの名画「真珠の耳飾の少女(青いターバンの少女)」に似てるね、と言われたことがあります。
ちょこっと自慢。(あんまり誰に似てるとか言われないんで)
まぁ、実際に似てる所といえばちょっと大き目の目と半開きの口くらいなんですけどね。
その後リボンの騎士の「サファイア王子」に似てるということに落ち着きました。
これも目が大きい所と天パーな所が似てる位かな…
要するに目がでかいということですかね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絵の中の女性~フェルメール:ミルクを注ぐ女

 このあまりにも有名な絵を紹介するのもどうかと思いましたが、やはりその魅力には抗しがたいものがあります。フェルメールの絵に執拗に登場する左側の窓からの淡い光に浮かび上がる農婦のような女。壁の様子からはあまり裕福ではない家の台所のように見えます。ただ、ここ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。