スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「同じ月を見ている」を見ました。

レンタルしました。結構前から気になっていたのに、「よし!」と思うと貸し出し中だったのです。
結構そうしてすれ違って行く内に、見たい映画を忘れてしまうんですよ。由る年波がざんぶらこと来ているのでしょうか…

出演は窪塚洋介、黒木メイサ、エディソン・チャン、山本太郎
監督は深作健太

鉄矢、ドン、エミは幼馴染。心臓病を患っているエミを鉄矢とドンが気遣う仲良しの3人だったけれども、ある日起こった山火事でエミの家が焼けて、エミの父親が亡くなるという事件が起こってしまう。
その犯人としてドンが捕まってしまうのだが、その山火事は鉄矢がドンへの嫉妬から、人の思っている事を絵にすることが出来るドンの絵を燃やしたことから起こったのだった。
エミの心臓病を治そうと医者になった鉄矢の元に、黙って罪を被って刑務所へ入ったドンが脱走したという知らせが入った。

久しぶりに窪塚クンを見ましたが、こういう何か鬱屈を溜め込んでる役は本当に上手ですね。
イヤ~な奴になる一歩手前の微妙さというか、なんか良い加減で黒い物思いを発していていいですね。
じわ~っと来る良い映画でした。
ドンが人の思いを絵に描き出せるのは何故なのか、という所は解き明かされたりはしないのですが、その能力と演じているのが日本人ではないエディソン・チャンだという二つのことが、なんだか浮世離れしてピュアなドンというキャラクターを良く表していて良かったです。

反対に鉄矢とエミのキャラクターがちょっと弱い気がしました。
特にエミ。二人のマドンナな立ち位置ではあるんですが、描写にあまり時間も割かれてないので、正直弱いです。
エミがドンに鉄矢との婚約報告の手紙を出した所からドンが刑務所を脱走しちゃうんですけど、多分エミの憂いを晴らす為だけにドンは脱走して二人に会いに行ったんでしょうね。「大丈夫だよ、おめでとう」と伝えるためだけに。
鉄矢とエミにしたら、ドンのいない間にっていう変な後ろめたさがあったのでしょう。
なんか通販のサイトとかに書いてあるように、エミがドンの事も好きだったから鉄矢との間で揺れるっていう風には映画を見ている時は思えなかったので、そんな風にしか見れませんでした。

鉄矢は結構キレると何をするか分からないような…気がしたのは偏に窪塚洋介自身の持つ独特の雰囲気のおかげな様な気がするのですが、常に純粋でキレイなドンと自分を引き比べて惨めな気持ちを抱えてるっていう辛さが痛かったです。
比べる事なんてないのですが、ドンが本当に何とも思ってなくて、真っ直ぐに鉄矢のことを思いやってるのが鉄矢には余計に辛いのですよね。

結局いろいろあって3人が再会できるのは、山火事再びの現場になってしまうっていうのが本当に皮肉ではあるんですが、3人の関係が歪んでしまったのが7年前の山火事なので、ある意味振り出しに戻ってるって事なんですよね。
ラストはドンの能力が再び生かされてます。




スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福田麻由子プロフィール

ドラマ「演歌の女王」映画「日本沈没」など、話題作の中で、見事に子役を演じている、福田麻由子。彼女は、まだ12歳、大女優への道は開けている。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。