スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オトメン 乙男」第1巻

雑誌でちらっと見た時に面白いなぁ、とチェックを入れていたんですが、「ルードヴィッヒ革命」とか出てたので気軽に後回しにしました。
そしたら…
ない!

22日くらいに買おうかなぁ、と思って本屋に行ったら見付からない!
結構3,4軒まわって探したんですが、本当にない。
ないとなったら、ますます欲しくなるのが人情というもの。
というか、マニアというもの?
あったのはいいのだけれど、BLコーナーのど真ん中にあったのは何故なのでしょう。遠目に見つけた時には、ちょっと戸惑いました。
知らない内に方向が変わったのかと思って。

剣道部主将の正宗飛鳥は武道に秀でた、部員からも憧れられる「男らしい」高校生。
が、飛鳥は少女マンガのトキメキや、ファンシーで可愛い物が大好きな、乙女ちっくな心を隠し持っていた。
父親が「女になりたいの!」と言って家を出て行ってから、傷心の母親のためにひたすら乙女な自分を隠していたのでした。
そんな飛鳥の前に転校生のりょう(女)が現れて、りょうに恋をしてしまう飛鳥だったのでした。


icon
iconオトメン 乙男   1
icon

これを探している間にどんどん「少年陰陽師」が手元に集まってきてしまいました。
…「天狐編」はもっとゆっくり楽しもうと思ってたのに。
結構ある設定のような気がしますが、面白いです。
心は乙女ちっくではあるんですが、飛鳥はきっちり男の子です。
剣道に打ち込むのも手抜きはなし、りょうの喜ぶ顔を見たくて作るお弁当にも手抜きなし、全てに一生懸命な姿がかわいいですね。

あれ?「君に届け」の爽子の時も同じような事を書きましたかね。
でも一生懸命ってやっぱりいいものなのですよ。
大人になると、あんまり一途に一生懸命ってないかもしれないですね。
いや、一生懸命働いてますけど(言い訳ではないですよ)、やっぱり何か学生時代とは違う感じがします。
いろいろヒネクレた子供だったので、一生懸命すればよかったなぁって振り返る事は後を絶ちませんね。
まぁ、婆くさいグチは置いといて。

電車の中で読んでいて、飛鳥の乙女ちっくぶりに吹きそうになりました。トキメキのあまりカワイイ小物を作ってしまったり…
少女マンガ「らぶちっく」(「パフェちっく」っていうマンガありますよね)を見てトキメいてる所なんか面白くって。
なんでこんなに共感できるのかって、君がモデルだからだよ…
そう、飛鳥とりょうを見守るカルイ男、橘が実は「らぶちっく」の作者だったりするのですよ。
学生やって売れっ子マンガ家やって、この人もルルと一緒でいつ寝てるんだろう…
ドラマ「ヒミツの花園」の花園ユリ子といい、男が少女マンガ家やるっていうのが流行りなんでしょうか。橘くんにも何か少女マンガを描く深い理由があるんでしょうかね。
まぁ、なくても良い感じではあるんだけど。

ヒロインのりょうも可愛くてさばさばして爽やかな、でも天然な女の子です。
飛鳥も天然なんで、なかなか進展しないんですよねぇ。
だから「らぶちっく」も停滞気味で橘くんは困ってるようです。
男の子に「可愛いくて守りたくなります。」って言うりょうもどうなのよって気がしますが、「可愛い」と言われて喜んでるのはどうなのよ、飛鳥。
りょうって、橘は苗字で呼んでるんですが、実は飛鳥のことは名前で呼んでるんですよね。この辺り、橘よりは飛鳥が上にいるのか気になる所なんですが、単に正宗って苗字が呼びにくいっていう可能性も捨てきれない。

先が楽しみだけれど、私もあんまり引っ張らないでほしいかも…


スポンサーサイト

テーマ : 少女マンガ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

「少年陰陽師」が手元に集まってきてしまいました

って、ゞ( ̄∇ ̄;)
集まってきたのではなく集めたのでは( ̄^ ̄)b

集めてもゆっくりよめばよいのに、そうできない貴女が
(*'‐'*) ウフフフ♪

オトメンはまだまだ私の周りでは結構見かけるので
ちょっと気になってはいたのですが
そう、面白いの。。。(*'-')

いや、集まってきたんだってば

「オトメン」ないなぁ、って思うと「少年陰陽師」があるんだもの。
買ってしまうではないですか!

「オトメン」は面白かったよ。

ぁぅー

雑誌で立ち読みしましたが
ぅ。。。絵が部分的に、ちこと苦手かも
お、面白そうではあるが。。。
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。