スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年陰陽師にはまってしまった…

「窮奇編」三冊をとりあえず買ってから続きを買うのを決めるかなぁ、なんて本屋でうそぶいていたんですが、何気なく続きの「風音編」を読んでしまってから、大ハマリしてしまいました。
「途中で止めるなんて出来るの?」なんて本屋で私に言った、友達の慎ちゃんの嘲笑が聞こえて来そうです…
ここの所、本屋を駆けずり回ってます。
TVアニメで丁度「風音編」をやってるからなのか、「風音編」が丁度なかったりするのです。私の1冊先をキレイに買って行ってる人がいたりして、毎日大変ですよ。
集めてない時は本屋に溢れるほど平積みされてる様に思ってたのに…

考えてみれば、昔「宇宙皇子」にもハマっていたわ。
あれは延々10巻分みっちり、ねっちり悩み抜く宇宙皇子に付き合いきれなくなって読むのを止めたんでしたねぇ…


icon
icon焔の刃を研ぎ澄ませ
icon

これが本当に本屋になくって…
あってもボロボロだったりさ。走り回ったさ…
しかし問題が…
あのシリーズ全部を並べられるスペースがない!
「風音編」が終わって一息つけるかと思ったのに、またまた先が気になるヒキがあったりしてもう次の「天弧編」が読みたくなってしょうがない!
どんどん増殖しそうです。ヤバイです。

アニメの「鋼の錬金術師」のエドの時もそうだったんですが、ボロボロのヨレヨレになりながら頑張る少年が好きなので、主人公の昌浩ともっくんのコンビが好きです。(紅蓮が含まれるかは私の中では微妙ですねぇ)
あと、ヘタれなくせに頑張り屋な藤原敏次も好きですね。
ただのイヤな奴になりそうなのにならない、愛されてる度合いがいいですね。
アニメ「少年陰陽師」で敏次の声だけ聞いて「ルルーシュ?!」なんて思ったのは内緒です。なんかえっらそうなのに漂うヘタレ感が…ルル?って。(ぶっちゃけ同じ声優さんなんですけどね)

一応ストーリーの説明を。
稀代の陰陽師安倍清明の末孫、陰陽師見習いの安倍昌浩少年が、毎度毎度死に掛けながら、仲間に助けられながら世界を守って闘うお話です。

そういえば、現在コバルト文庫でぼちぼち出し直されてる「カナリアファイル」シリーズも結構好きでした。(昔はスーパーダッシュ文庫で出ていました)
こちらは同じ呪術師のお話でも、「少年陰陽師」よりもちょっと湿気のある空気が漂うイメージがするお話でしたね。


スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

少年陰陽師

少年陰陽師『少年陰陽師』(しょうねんおんみょうじ)は結城光流著、あさぎ桜挿絵の角川書店、角川ビーンズ文庫出版の少女向け小説(ライトノベル)。ドラマCDが窮奇編・風音編あわせて6巻発売されている。主人公は大陰陽師・安倍晴明の孫安倍昌浩で、唯

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。