スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SonyMusicAnimeFes06」に行って来ました。

11日の日曜日に行ってしまいました。
だって、朴さん釘宮さんがエルリック兄弟として出て来るのは最後だと言うではないですか。

なら行くしかないじゃないか!もうこのネタも引っ張りすぎか。飽きたな…

本当はガンダムだけの昼の部と迷ったのですが、最後のエルリック兄弟を見るために「BLOOD+・鋼の錬金術師・エウレカセブン・ガンダムSEED/DESTINY」のごった煮、幕の内弁当状態の夜の部へ行くことにしました。

年甲斐もなく行ってよかった!夜の部!!

全部を通すと「エウレカセブン」のステージが一番良かったです。
が、MVPは「UNDO」を歌ったCOOL JOKEですね!
彼らのおかげで大阪城ホールが一気に盛り上がりました。

「BLOOD+」
高橋瞳ちゃんは去年に比べて本当にうまくなったと思いました。
野外とホールではまた違ったんだと思いますが、去年よりがんがんステージを動き回っていたし、経験を積んだんだなぁと感じられました。
「BLOOD+」のOPの中ではやっぱり「青空のナミダ」が一番好きです。
ジョエルの解説、小夜・ハジ・海の掛け合いを歌の間に挟んでいく構成でした。
アンジェラ・アキの歌も生で聞けてとっても良かったです。
ハジの「小夜、戦って」というのを1話で聞いた時に「景麒か、あんたは!」と思いましたが、ハジのモノローグを聞いて思わず反省しました。(本当は今でもやっぱり思ってしまいます。)
ハジのセリフで一箇所「あの時」が「あん時」と聞こえた所があって、こんなに砕けた口調の似合わないキャラはいないなぁ、と実感しました。
そういえば石田彰さん茶髪にしてませんでした?

「鋼の錬金術師」
まずCOOL JOKEが出てきて、大盛り上がり。
ああいうノリは大阪の方があまり違和感なく受け入れられるのかもしれないですね。
そしてエルリック兄弟の登場でした。
2人とも髪に赤いバラを飾っていましたよ。「終焉に赤い花束を」ということで沢山赤い花束が届いたそうで、2人とも「せめて」と髪に飾って出て来たとの事でした。
大変感激されていて、深々と頭を下げられていました。
もちろん2人のコメントと振り返る「ハガレン」は爆笑の連続で、楽しかったです。
2人からのお別れと、イエロー・ジェネレーションの「扉の向こうへ」を聞いたら「もう帰ろうか」なんて思っちゃうような「終わり」の空気が流れてました。
でも、一瞬顔が映っただけでキイロい歓声が飛ぶ男、ロイ・マスタング
恐るべし。
なんかイベント通して一番声援が飛んだんじゃないかしら。
いちいちチェックを入れていた朴さんも、最後には半笑いでした。

続く、のかな?




スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。