スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レジェンド・オブ・ゾロ」を見ました。

やっとこさ最後の1本です。飛行機で見た映画。
もう疲れていたので(じゃぁ見なきゃいいのだけど)、単純な物を…
ということで「ゾロ」を見ました。

前作が「マスク・オブ・ゾロ」。アントニオ・バンデラス主演の2作目ですね。
とか言いつつ、ろくすっぽ前作を見ておりません。
まぁ大体は分かりましたが。
ゼタ姐さん(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)もご出演でした。

エレナと結婚し家庭を持ったアレハンドロだったが、まだまだ家庭に落ち着くわけにはいかなかった。
エレナはそんなアレハンドロを心配するのだったが…
折しもカリフォルニアがアメリカ合衆国の13番目の州になろうとしている時だった。しかし暴力で富を得ようとするジェイコブ・マクギブンスら一味は、合衆国参加決議をする投票所を襲撃し、妨害しようとする。
その危機を救ったのはアレハンドロ扮する「ゾロ」だった。
今回アレハンドロはゾロ活動に熱心すぎたからか、エレナに愛想を付かされて出て行かれてしまうんですね。
いや、そっからのアレハンドロの醜態も見ものです。
そりゃぁ、あんた更に愛想も付かされてしまうよ…というほどの醜態です。
それから、エレナとアレハンドロの息子・ホアキンもこの親にしてこの子ありの正義感に燃えたやんちゃ坊主で、とっても可愛いのです。
エレナことゼタ姐さんも相変わらずの見事な肝っ玉振りです。
このアレハンドロ一家の家族の絆も今回たくさん描かれてます。

ストーリーの方は、もう王道中の王道。意外な展開などはありません。
深く考えずに「あはは」と見てればよいのです。
ハリウッドのシリーズ物第2弾ということで、きっちりお金も掛けて作られていますから、安心して見ていられますね。
けれども、バンデラスも結構お年を召してこられてますからアクションシーンもひたすら格好いいとはいきません。
でもその辺の不安が、「ヒーローだからどうせ大丈夫」という安心をちょっと揺らがせる、いい効果になっていたんではないかと思います。
疲れた頭にも最後まで楽しく見れました。

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。