スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANAは見れなくても、深夜アニメは見たりして。

11時台の「NANA」が見れない私ですが、1時、2時台のアニメは見たりして。

「ひぐらしのなく頃に」
この間の「綿流し編 其の参」からちゃんと見たんですが、よくある萌え系アニメの絵だったんで油断していたら

怖かった。

いえ別に話がどうとかではないんですが、容赦なくキャラクター怖い顔になるんでビビリました。
口の横や目の下に模図かずおの様なシワが…
そして主人公の圭一君のホラー物の主人公らしいウカツさにドキドキでした。
死にそうで、死にそうで。
レンタルに出たら借りてみようと思ってます。

「ガラスの艦隊」
放送時間が遅いので、だいたいOPすらまともに見てない状態だったんですが、激しく話題になっているのでちょっと録画してみました。
あのテンションは深夜にこそふさわしいですね…
お日様の高いうちから見るもんじゃぁありません。

可笑しすぎ…
ということでガラスの艦隊なんですが、タイトルだけ聞いたところでは
「沈黙の艦隊」とかそれ系かと思ったんです。
で、たまたま第1話の最初を見た所「銀河英雄伝説」っぽいのか、という印象だったんけど、なにか違和感が…
そのまま眠りの国へ行ってしまって、そのままずっと見てなかったんです。

いや~違和感の正体は、真空なのに叫べてたり、唐突に真空設定が戻ってき声が聞こえなくなっていたり、宇宙が暗くなくって緑だったりする不思議宇宙だったんですね。
前の「仮面のごとく…」ではミラクルな宇宙設定はあまり出て来なかったんですが、「道化のごとく…」ではバンバン出てきました。
ドッキングを外して敵艦が貨物部分を置いて去っていくシーンで、通路の向こうがぽっかり宇宙のはずなのに空気漏れもなく、主人公のクレオは遠ざかる敵に向かって叫んでいましたよ。
それなのに、対決シーンではちゃんと爆発で開いた穴から次々と人や物が吸いだされて、声も届かない…
流石ルネッサンスな革命の宇宙です。

でも、一番笑わせてくれるのは神聖皇帝ヴェッティ様ですね。
えっと、ゲイなんですか?バイなんですか?
とりあえず毎回お小姓の少年ラルフとラブラブいちゃいちゃです。
でも主人公その2のミシェルにもご執心です。(もしかしてミシェルは男だと偽ってるんですかね。明らかに女性なんですが)
笑かす詩も読んでくれたりしました。
そして声が石田彰さんです。(ここも大きく笑いのポイントです。)
とにかく毎回可笑しいヴェッティ様です。

今回ミシェルの生き別れの兄上と思われる人が出てきました。
1話と少しのご登場であっという間に宇宙に吸い出されてしまわれましたが、再登場されるんでしょうか。
どっかのジャンク屋の2階とか、サーカス団とかで発見されたら面白いなぁ。
最後ガンダムネタですいません。




スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。