スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「NANA」を見ました。

飛行機で見た映画その2。

マンガ好きとか言っときながら「NANA」を読んだことがありません。周りにも買ってる友達がいなかったし、縁が無かったんでしょうね。
ということで、今回見てみることにしました。
アニメの方は1回だけ見ました。(これもなんかうっかり見るのを忘れるのよね。)
ただナナの声が朴さんなんで(それがアニメを見ようかと思った理由なんですが)、たまにエドっぽく聞こえてちょっと変な気分になりました。バラ風呂とか入ってるし…

映画のナナは歌手の中島美嘉が演じてます。
小松奈々は宮崎あおい。
東京にいる彼を追いかけて上京する小松奈々。
その電車の中で同じく東京へ向かう大崎ナナに出会う。
名前が同じ「ナナ」ということで、東京までの道中で親しくなる2人。駅で別れた2人だったが、部屋探しで訪れたアパートの一室で偶然再会し、一緒に住むことにするのだった。
原作のマンガを知らないので、イメージが違うとか、あのお話が入ってないとかは全く分からず見ました。

なかなか面白かったです。
中嶋美嘉は流石に本業が歌手なので、歌うシーンの説得力は充分でした。
演技の方は上手くはなかったですが、大崎ナナはぶっきらぼうな女の子ということでいいのかな?って感じで、映画の中では不自然には感じませんでした。
彼女が印象よりも小柄だったのも上手く「ナナ」のキャラクターに生きてたように思いました。
奈々役の宮崎あおいは可愛かったです。
あまり他で見たことがないので上手い子なのかはよく分からないのですが、可愛いけれど甘ったれな菜々にはピッタリでした。
甘ったれな菜々ではあるんですが、表面上はふにゃふにゃしてるんですが、結構芯はしっかりしてそうな女の子でした。
逆にナナの方がが結構精神的に弱い所があって、いつもは精一杯つっぱてるという所が見えてきて…
という、ある意味少女マンガお決まりパターンではありますが、こんな所も「NANA」が人気がある理由なのかな、と思いました。
弱い所があっても強く毅然としようとしているナナは格好良かったですよ。でもそれも弱い部分があって、ということが分かってこそ光るんでしょうね。
性格も真反対なナナと菜々が仲良くやっていけてるのは、奈々がふにゃっと暖かい女の子だっていうのもあると思います。ナナも奈々といるとちょっと安心するんじゃないかな。
奈々が鈍めだから成り立ってる部分もあるとは思うけど。
じゃなきゃ、神経質そうで難しそうなナナとは暮らせないでしょう。

この映画を見て、ちょっとマンガが気になりました。
とりあえずアニメを…と思っていたらまた見逃しました。


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっと見たいのよね

あー、ナナの映画ちょっと見てみたかったのよね
そっか、面白かったか♪
見た人の話だと、男の子達の方はキモかったとか?
そうでもなかった?

男の子?

松田龍平のことかしら?
いや、昔の方がもっと気持ち悪かったんで「男らしくなって、まぁまぁ。」なんて思って見ていました。
いやぁ、「御法度」のころから比べたら格段にいいっすよ。
ていうか、原作のマンガを知らんからね。私。
イメージが違うとかは本当に分からないのさ。
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。