スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンバラへ~

水曜日に「鋼の錬金術師~シャンバラを征く者」の限定版のDVDを買ってきました~。

本編は夏に2回も見たので(気合入れて見すぎたから一昨日の事の様に思い出せるのよね…)、とりあえずコメンタリーディスクの方を見ました。
スタッフ編は本編をもう1回見てから見ることにして、キャスト&監督編を見ることにしました。
なんだかちょっとぐだぐだ気味のラジオ「ハガレン放送局」みたいでした。
とりあえず出だしの「鋼の錬金術師シャンバラを征く者~」、という朴さんの第1声からしてちょっとくつろいだ感じで、いつも気合の入った「鋼の錬金術師!」という朴さんの声しか聞いたことがなかったんでちょっと新鮮でした。
まぁ、1時間46分の本編を見ながらコメントをするんですから、気合を入れまくって見ても疲れますかね。
でもダレ気味な空気でも仲が良さそうな感じがしたので、いい感じでした。



メンバーはエドワード役の朴ろ美さん、アルフォンス役の釘宮理恵さん、ウィンリィ役の豊口めぐみさん、そして水島精二監督の4人。
途中、差し入れのおにぎりやいなり寿司のお話に脱線したり、ダメ出しをしあったり、和やかな感じで話が進んでいました。


アルはリオールの町に出てきただけでまだ何もしていない鎧の群れを問答無用でハリケーンでふっ飛ばしてるとか、エドとホーエンハイムは「この親にしてこの子ありだね。」とか、楽しい話がたくさん聞けました。
スカー役の置鮎さんが「あれなら芝居を入れる長さがあったのに。」と言っていた、とか。
でも一番納得したのはウィンリィ役の豊口めぐみさんのグチ(かな?)でしたね。
「(ノーアって)だれだよ?てめぇ。私が何年支えてきたと思ってんの!?」
そうですよね。なぁに夕日をバックにいい感じで2人で走ってんのよ、ですよね。ウィンリィはずっと待ってるのに。
ノーアの「連れて行って~エド!!」っていうシーンでは、「え~、来られちゃ困るのよ。」とか。最後はエド・アル・ノーアの3人で旅をするのかと思った人がいるとかいうお話には「無い、無い。絶対無い。」とか。
最後までノーアに厳しいウィンリィでした。
でも映画のウィンリィは見ていて辛かったので、ちょっと豊口さんのコメントを聞いてすっきりしましたよ。
監督としては、ウィンリィはエドと一緒にいても幸せにはなれないだろう、という意見でしたけど。

まぁ、ノリが「ハガレン放送局」を彷彿とさせて懐かしくもあり、楽しくもありなコメンタリーディスクでした。

「ハガレン放送局」と言えば、関西では「ラジ種デス」の前にやっていたんで、続けて聞いていたんですよ。
両方の番組でレビューをするので、どうしても「ハガレン」と「種デス」の話の内容が比べられてしまって、なんともいえなかったですね。
片方はもう本放送も終りきってるのに熱く語ってる「ハガレン」。片方は聞いてるこっちが「今回レビューする内容何かあった?」っていう心配をしてしまう「種デス」…
何回「さて、お話も盛り上がってきましたよ~」という鈴村氏のコメントを虚しく聞いたことか…
だって、本当に内容が詰まってて盛り上がっていったアニメのレビューをすぐ前の番組でやってんだもの。ゲストも本当に熱心に放送時の事を語ってくれたしね。
ちなみに「ラジ種デス」は最終回本放送前に終ってしまって、最終回のレビューはされなかったという…
「ハガレン放送局」の最終回には監督も来たのにね。
ラジオのおかげでどうしても「ハガレン」と「種デス」とを比べて、悲しくなってしまっていましたね。

竹田プロデューサーの反戦色も、「ハガレン」では上手くストーリーに取り入れられていた様に思います。劇場版では特に。
くどくない程度に世界観にはめてられていたんではないでしょうか。
やっぱり大切なのはシリーズ構成と脚本?ですよね~


スポンサーサイト

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。