スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさら「アニメ鋼の錬金術師」その1

友達をただいま洗脳中、ということで。
夜中にやってた再放送も、ラジオ「ハガレン放送局」も終っちゃった今になってなんなんですが…

久しぶりに毎回欠かさず見たアニメでした。(というより、初めてちゃんと全話TVで見たアニメかもしれません。)

土曜の夕方6時だというのに「持ってかれたぁぁ…」と血まみれの子供が叫ぶという、この時間帯には有り得ない始まり方をしたアニメでした。
それだけに印象的で、「いいのか?これ」と思いながら引き込まれた記憶があります。
(まぁ、SEEDの時のフレイの暴走に比べたら教育上の問題は各段にないと思いましたけどね。)
私はアニメから「ハガレン」に入ったクチなんで、あまり原作とアニメのエドワードの性格なんかの差は気にならなかったのですが、1,2話のエドは原作に近いエドだったと思います。(エド役の朴さんもこの頃のエドには戻ってないかも、みたいなことは言ってましたが)

1,2話は「リオール/レト教編」。
思えば、この時はリオールがストーリー上再び大事な舞台になるとは思いもせずに、ぽやんと見ていましたねぇ。
1話と2話は人物紹介編とも言えるので、エドが格好いいですね。まだ苦悩していないし。
主にエドが暴れまわって、アルはそのサポートという「いつものパターン」の紹介という感じですね。
レト教教主の前でエドがハッタリをかます1話のラストは、本当にわくわくさせられました。
このおかげで1話放送終了後、車を飛ばして本屋へ原作の1巻を買いに走りました。
1話の最初にエルリック兄弟が何か取り返しのつかないことをしたことは分かったんですが、雨に濡れつつ佇む男の人(ロイだったんですね)が映ったら、明るいリオールへの道行きへコロッと転換だったんですよね。
2話でこれが明かされるのかと思いきや、3話以降に持越しでした。
2話は教主の陰謀をエドが暴くという筋立てでした。

1話、2話でエドを代表する名言がもう出ていたのには、今振り返ってみて改めて驚きました。
1話「格の違い…」と2話の「立って、歩け。あんたには…」ですね。

スポンサーサイト

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。