スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わったね。でも全てが遅すぎるよね。

FINAL-PHASE「最後の力」

終わりました。
突っ込みどころ一杯の「ガンダムSEED DESTINY」
あまりバンクだのなんだのに気が付かない私でも明らかに分かるバンクの嵐、毎回入る総集編、回想シーン(しかも、ちょっとイラっとくる程長い)。
ネット社会になって、情報が氾濫しているから批判が多いのが目立つのでは?という意見もありましたけど、それだけ我慢できずに批判を吐き出してしまう人が多かったということも言えたのではないでしょうか?

物語のテーマからいつのまにやら外されてしまった主人公のシンは、最終回でも大きな流れから外れた所でラストを迎えました。
ああやってシンの頭をガツンとするのは遅くとも3クールの最後辺りでやって欲しかった、というかやらねばならなかったのでは?
シン・アスカを主人公とするならば。
やぱりSEEDという物語の主人公はキラ・ヤマトだったという事なんでしょう。
そう考えるとなかなかキラ君もやっかいな人生を送ってますね。
最終回は詰め込みまくりな展開で、なんかあっという間に色々片付けたなという印象が一番強いです。
勢いで色々押し切ってる感が否めません。
とりあえず前作からずっと疑問なんですが、ラクスは種割れによって何が起こるのかしら?
前作も今作も特に変化がないまま、いつもラストを迎えていますよね。

シンに関しては、最後泣きながらルナマリアにしがみつく時の手の動きが良かったです。(と書くとなんだかヤラシイな…)
慟哭と併せて、なんかシンの辛かったり悲しかったりの色んな気持ちが表れてるみたいで。
この後シンがどんな道を選ぶのかは分からないけれど、幸せを願わずにはいられません。できればそこをDVDに付くという40分の追加エピソードとやらで描いて欲しいけれども、前作主人公の4人のお話で終わりそうですね。
ステラは「シンも自分のために明日を生きてね」と伝えに来たのかなと受け取ってます。
ステラが生まれ変わったのかは分からないけれど、ステラも「明日」が分かるようになったからもう幸せだよ、と。
もうステラのために泣かないで、と言いたかったのかな。
思えば、シンの心は最初っっからずっと泣いていたのかもしれませんね。

さてアスラン。
シンを「馬鹿野郎!」と怒鳴りつけた時に、
「10話遅い!」
と怒鳴ったのは私だけですか?(20話遅いのかもしれませんが)
ま、厳密に言うとアスランのせいだけではないけれども。

さてキラ。
「僕も戦う。」と逃げない宣言をデュランダル議長にしていましたが、今度はちゃんと戦後処理に参加するようですね。
ああそうだよ、今度こそカガリをちゃんと助けてあげてよね。
ラクスと2人で隠居しないでさ。
でも「明日はいい日だ!」論法でレイを改心させるなんて、Dr.テンマか君は。

さてレイ。
最後議長とタリアと死んでしまうのが、ひたすら疑問でした。
キラが引きずってでも連れて逃げるのかと思っていました。
「自分で変えられる明日(運命)」と「レイである自分」に気づいて議長を撃ったのであれば、物語上生き延びるべきだと思うんですが。
レイ自身は「母も父もない存在だ」と嘆いていたのだから、最期に両方手入れられて幸せだったのかもしれないけれど、キラの言う「明日」を信じたのならば残り少ない生だとしても生きて欲しかったです。

議長は最期まで何をしたかったのか、私には分かりませんでした。
自分自身が遺伝子に人生を曲げられた(恋人のタリアと結ばれることがなかった)存在なはずなのに、全ての人にそれを強いるのは何なんだろう。
中途半端に明日に希望を持って自分の様に絶望する前に、可能性は有限なのだと全ての人に教えたかった人だったのだろうか。
でも本編見ると、こうやって考えたこともブレて来るので困ります。
ま、最後はレイという一種Dプランの具現ともいえる人物に撃たれたということで、自分の思い描く理想から「NO」と言われたという事だったのでしょう。
タリア艦長は災難だった様にしか見えませんでした。
議長のゴネ勝ちのような…
でも、議長が突っ走ったことに少なからず責任のような物を感じていたようなので、自分の一つの選択によってデュランダルの人生が狂ったことに、彼女なりの決着のつけ方だったんでしょうか。
最期にデュランダルを見捨てられる程には、タリアも彼のことを整理出来ていなかったのかもしれないのですが、息子のためにも生きて欲しかったな。




スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-50 最後の力(終)

ものっそい長くなりました。今回は通常感想も前半に入れてあります、途中にリヴァイアスの話が一寸入って、最後にネタです。ついに終わってしまった最終回、さて各所ではどんな感想になってるんですかね?見に行くのが楽しみです。それでは読んでくれる方は追記へどうぞ・・.

PHASE-50「最後の力」

7割ぐらいはバンク、キャラ絵も荒く、無理やり押し込めてのENDマーク。最終回ですから。シンとルナが、イザークとディアッカが生き残ったんですから。それだけで良しとしましょう…と言いたい。たとえ

GSD:最後の力(最終回)

レイー!!!!(涙)そんなかんじの最終回。これは、レイが主人公だったというオチですか?・・・というくらい、レイにしか感情移入できなかったです。間違っても 祝!最終回

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。