スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インファナル・アフェアⅡ~無間序曲を見ました。

ガンダム話に占拠されそうなこのブログ。
久しぶりに映画の感想です。
うぬぅ、書き方を忘れたって感じです。

さて、「インファナル・アフェアⅡ~無間序曲」。
1作目の「インファナル・アフェア」へ繋がるお話を描いたのがこの2作目です。要するにエピソード1ですね。

1作目を見て「良かった」「良かった」と周りに勧めておいきながら、2も3も映画館に見に行ってなかったという体たらく。その上、レンタルでも旧作になるのを待っていたダメダメぶりでした。
いや、でも面白かったのですよ。

マフィアでありながら警察に潜入したラウ。
誰よりも警官になることを熱望していたのに、マフィアの身内であるためにマフィアへの潜入捜査官として警察を去らねばならなかったヤン。
香港マフィアの大ボス、ンガイ・クワンが暗殺されたことで起こった混乱と抗争は、それに翻弄される人々の運命を大きく変えていくことになる。
自分のボスの妻マリーに密かに想いを寄せていたラウは、マリーに頼まれて香港マフィアの大ボス、ンガイ・クワンの暗殺に成功し、潜入した香港警察でも能力を発揮しつつあった。
ンガイの息子であったヤンは跡を継いだ兄の下で働くことになり、その有能さで兄に認められようとしていた。

ヤン(後にトニー・レオン)をショーン・ユー、ラウ(後にアンディ・ラウ)をエディソン・チャンが演じております。

メインはラウとヤンの2人の過去を描くことだと思うのですが、後半はホン・サムとヤンをマフィアに潜入させたウォン警部にほぼ持っていかれております。
サムとウォンの描写がされるまでは、ある意味マフィア映画色が強くて「インファナル・アフェア」っぽくないのですが、この2人が出張ってくると途端に「インファナル・アフェア」らしい空気が出てきました。
なんていうのか、意図しない方向へ転がっていく運命に翻弄される苦悩のようなものが色濃くでてくるのです。
ヤンとラウも苦悩はしているんですが、その辺はやはり存在感の差ということでしょうか。

1作目では冷酷な面も持つ大ボスとして登場するサムですが、2作目ではちょっと気のいい中ボスとして出てきます。野心はあるけれど、昔の恩を裏切ってまではのし上がろうとはしないというか、強引な手段に訴えてまでは上へ行こうとはしていませんでした。
そのサムと前作では敵対していたウォン警部ですが、サムとは顔見知りというか、友情めいた繋がりがあったことがⅡでは描かれています。
その2人が完全な敵対関係に陥っていく過程が、後半に見事に描かれていくので引き込まれました。
ウォン警部が警察の仕事に少し疲れていて「辞めよう」と考えていたのに…とか。
サムのラストの表情とかね。
まさに「インファナル・アフェア」なラストでした。

3作目を撮るまでのつなぎとして作られたんじゃないかと言われたこの「Ⅱ」ですが、ただのつなぎでは収まっていません。
それもこれも、サムとウォンの2人が描かれているからだと思います。
正直、ヤンは影が薄いかな。
でもヤンがこのころから疲れていっているのには心が痛みますね。
若いのに…
まぁ、彼はマフィアに非常に反発を感じているので余計に辛いんでしょうけれど。

さぁ、「Ⅲ」が楽しみだ。
準新作くらいでレンタルしようかな、なんて。



スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。