スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言いたい事が尽きない「種デス」

ザフトのヘタレ王子アスランが(やっと)脱走しましたね。
いらんことを考えすぎる、という欠点をデュランダル議長もご存知のようでした。さすが地球規模で人々を洗脳する人は違います。
でもね、議長。アスランは見た目A型のようで正体はO型なんで、理屈こねてぐちゃぐちゃ考える割に、大きな決断は感情でするんですよ。
こんがらがって来ると、面倒くさくなって「うらぁっ」って決めちゃうのさ。
それはあんたのことだろう、って。(私はO型。)
まぁ何でもいいけど、前回と今回で1話にならんかね。
それでも良さそうな内容だったと思うんだけど。(特に前回。)
もう残りも少ないんだしさ。

ネタバレを読むとまたオーブが舞台の話が出てくるようですね。
オーブの「戦争不介入」の理念ばかりが取り上げられてるんですが、この国の一番良かった所って「ナチュラルもコーディネーターも一緒に平和に暮らしていた国」って所じゃないのでしょうか。
もう「種デス」の本編では忘れられたかのような大本の戦争の原因ですが、「コーディネーターとナチュラルの確執」でしたよね。まぁ最近「ロゴス」が煽ったってことになってしまった訳なんですが、根本的に人の心にはあったわけでしょう。
とりあえず世界各地で起こってる「ロゴス狩」の暴動も、人々には何かしら戦争状態が続くことに対しての不満がくすぶってた、と考えると、議長はそのはけ口を示して、上手く誘導して行ったってことなんでしょう。

ま、それはともかく。
オーブが声高に主張すべきは「戦争不介入」の理念ではなく、「うちではコーディネーターもナチュラルも上手くやっていってたよ~」って所ではないですか?
…世界中からそういう軋轢を嫌った人たちが(ナチュラル、コーディ関わらず)集まってきていたっていうことも考えられますが。
とりあえず、オーブのそちらの面を強調するような展開にした方が、SEED、DESTINY通じてのテーマに沿った形になったんではなかったのかなぁ、と思うわけです。
カガリにはこれからそういう主張をして欲しい所…ムリだろうなぁ、今更。
今更と言えば、カガリを攫っといて、また戻すっていうキラに批判があったけど、情勢が変わったから仕方がないんでしょうね。
大西洋連合に加盟したことやなんやもひっくるめてロマ家におっかぶせて滅ぼして、その後にクリーンなイメージのカガリを据えてまとめる、なんて事はまさか考えてはないでしょうけど。
でも、オーブって常にどっちに転んでもいいような道を取ってるような気がする…
前作も連合に味方しないアスハがいて、描かれていなかったけど親連合のロマがいたわけでしょう。
戦争中だって、戦って勝つように策を練る裏で和睦とか落とし所を探るっていうからかしら。
…そこまで練った脚本じゃないだろうけど。

そういえば、人は言葉を尽くして話し合わなきゃ分かり合えない、なんてことを監督がSEEDが終盤の時期にTV雑誌のインタビューで答えていたんだけどなぁ。
その割には、DESTINYでは空しい一歩通行の会話が多いよねぇ。
一部で言われている「人と人とのすれ違い」って言うのが、本当にテーマなんですかね。
コナン君には悪いけど、「真実」はいつも一つじゃなくって人の数ほどあるとは思うけど、すれ違ってもいつか「分かり合える」っていうのを示して欲しいね。
米沢ゆかりの「地図はいらない」(白泉社刊だけど、絶版だろうなぁ)でも、現実がハッピーエンドばかりじゃなくても、フィクションでまでそれをする必要はないって言ってたよ。
映画の「Ζガンダム」のカミーユが少し変わったのも、そこなんでしょうね。









スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 36話「アスラン脱走」

PHASE-36 『アスラン脱走』シンとアスランに示された新たなる力『ディスティニー』『レジェンド』。デュランダルに心酔するシンを横目に、アスランは漠然とした違和感を感じていた。ジブラルタルには、ヘブンズベース攻撃に賛同する連合軍の艦艇も続々と集結しつつあった。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第37話

サクラ大戦のCMが流れましたね~そろそろ予約しておきたい所です。デスティニーとレジェンド発進。アクセスログからメイリンの端末がばれまして人質に取られたのか?という議長に対してレイの報告によりアスランのグフを撃墜する事に。動揺するシンとタリア艦長ですがギル

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。